国語苦手でも大丈夫!広告文作成のポイント6選

[著]
d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

リスティング広告で、キーワード選出の他に大切な作業の一つ「広告文作成」。私の友達でリスティング広告を知らない人に説明するとき、YahooやGoogleの広告文の存在を言うと一番理解してもらえます。それほど、普段ネットを使うときに一番といっていいほど人に見られている広告文ですが、私は作成が苦手です。

文字(記号や数)に制限があり、短い広告の中にこちらの魅力を伝え興味を持ってもらうのがとても難しいのです。いろんなものを対象にした広告文を作りましたが、文面が固いものやありきたりな文章が多くなってしまいます。そんな私ですが、直接アドバイスを受けたり、広告文作成についての記事を読んで、参考にしていることをまとめました。同じように広告文作成が苦手な方も、全部が合うやり方では無いかもしれませんが自分に合いそうなポイントは取り入れてみてください。

登録しているキーワードを広告文のできるだけ前半に入れる

広告グループに登録していうキーワードをタイトルなど広告文に入れられるものは入れましょう!登録されているキーワードは検索に出ると太文字表記されるので広告にそれが出れば目に入りやすくなります。

具体的なメリット、数字を強調する

具体的な情報は、信じてもらいやすくクリックを狙いやすいです。なかなかネット上の情報で曖昧なものだと、ユーザーも疑って見ているのでわかりやすく具体的な数字は信憑性があります。ネット広告は、ユーザーは疑っていると思って信じてもらえる広告を作るように気をつけましょう。

表現は簡潔にしよう!

ユーザーは、目当ての情報や商品を探すために広告をじっくり見ることもあるが、すべての人がじっくりゆっくり見るとは限りません。パッとみてすぐに伝えたいことが伝わるシンプルで分かりやすい表現を心がけましょう。

ターゲットをしっかりと決めよう

格安なのか高級なのか、女性向けか男性向けなのかなど、ターゲットを絞ることで文章も出てくると思います。絞ったからこそ、対象ユーザーに対して響く言葉にすることによって全く関係ないクリックを期待できます。

文字数制限ギリギリまで書く

これは私もよくやってしまうのですが、文章がうまく作れなくて文字数をかなり余らせてしまうことがあります。効果的に文字数を減らしているなら良いのですが、狙ってではない限りギリギリまで使うようにしましょう。その方がいろんなキーワードを取り入れ情報をアピールできます。

「会員登録」や「購入」などの“コンバージョンワード”を入れる

商品名などの登録したキーワードを入れるというのは最初に紹介しましたが、その次はコンバージョンに導く言葉を入れてみましょう。「会員登録はコチラ!」「こちらから購入できます」などの言葉を入れることによって、広告文に目に止まった人が次の動作をしやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?広告文作成は、なれるまでは一つ作成するのに時間がかかり苦手意識が強くなりますが、ポイント押さえればそこまで時間かからず簡単に広告文を作ることができます。ぜひ試してみてください。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>