時間短縮に超便利!アドワーズエディターの使い方を知ろう

[著]
SEOテクニック

リスティングを効率化してくれるツール、アドワーズエディターを知っていますか?手間になってしまうGoogle AdWordsの運用管理を手助けしてくれる、とても便利なツールです。Webサイトの運用担当者にとっては嬉しい限りですね。アドワーズエディターの基本的な使い方をご紹介します。

アドワーズエディターで効率アップしよう

Adwordsの運用管理は手間?

今回のテーマは、Google AdWords(グーグルアドワーズ)。Google AdWordsとは、検索エンジンのGoogleが提供しているリスティング型の広告サービスのこと。Googleの検索結果に対して、指定したターゲット(キーワード)と関連する広告を表示する仕組みになっています。

Google AdWordsは、いまやWeb担当者にとって欠かせないツールです。ですが、運用管理が割と手間でもあります。重複した操作も多いですし、オンラインでしか管理できないことも案外不便なんです。解決策はあるのでしょうか。

リスティング運用の必携ツール、アドワーズエディター

こういった悩みを解決してくれるのが、アドワーズエディター。本記事のテーマです。アドワーズエディターは、Google AdWordsを提供しているGoogleによる、無料の公式ツールです。リスティング運用を効率化してくれるので、ウェブ担当者にとっては必携のツールと言えますね。オフラインで運用管理をしたり、一括で広告文やキーワードを追加/編集することができます。ここからは、アドワーズエディターのインストール・初期設定と、基本的な使い方をご紹介していきます。

アドワーズエディターのインストール

ここからは、アドワーズエディターの使い方をご紹介していきます。まずは、インストールから。画面キャプチャはMac版ですが、Windows版でも機能は変わりません。

  • ダウンロード
  • アドワーズエディターはデスクトップ用のツールなので、パソコンにインストールする必要があります。下記のページをひらいてください。
    http://www.google.co.jp/intl/ja/adwordseditor/

    アドワーズエディターの公式ページが表示されました。

    アドワーズエディターページ

    OSを選択して、「AdWords Editor をダウンロード」ボタンをクリック。ダウンロードがはじまるので、あとは通常通りパソコンへのインストールを完了させます。

  • 初期設定
  • アドワーズエディターを起動すると、はじめに初期設定を行います。言語設定で日本語を選択します。

    エディター初期設定画面

    次に、利用規約の確認画面が表示されます。問題がなければ同意ボタンをクリック。

    エディター確認画面

    デフォルトのキャンペーンのターゲットを選択します。国内であれば日本を選択してください。

    ターゲット選択

    アカウントマネージャーがひらきました。左上の「+」をクリックし、運用管理をするアカウントでログインしましょう。アカウントマネージャーにアカウントが追加されました。

    ログイン

    アカウントが登録されると、下記のようなメインウィンドウがひらきます。これで、アドワーズエディターを使う準備ができました。

    準備完了

    アドワーズエディターの基本的な使い方

    それではアドワーズエディターの基本的な使い方について、順を追って見ていきましょう。

    キャンペーンの作成

    まずは、キャンペーンの追加から。ウィンドウ右下の管理欄にある、「キャンペーン」をクリックしてください。次に、ウィンドウ上部にある「+ キャンペーンを追加」ボタンをクリック。ウィンドウ下にキャンペーン内容の入力欄が表示されたので、必要事項を入力してください。これで、キャンペーンの新規作成が完了です。

    キャンペーン追加クリック

    広告グループの作成

    次に、作成したキャンペーン内に広告グループを作成しましょう。ウィンドウ右下の管理欄から、「広告グループ」をクリックしたのち、ウィンドウ上部の「+ 広告グループを追加」ボタンをクリックします。

    広告グループ追加クリック

    広告グループを追加するキャンペーンを指定します。先ほど追加したキャンペーンを選択して、「OK」をクリック。

    キャンペーン選択

    ウィンドウ下に、広告グループ内容の入力欄が表示されました。必要事項を入力します。

    入力

    キーワードの設定

    広告グループのターゲットとするキーワードを設定していきましょう。ウィンドウ右下の管理欄から「キーワードとターゲット設定」項目内の「キーワード」を選択します。次に、ウィンドウ上部の「+ キーワードを追加」ボタンをクリックしてください。キーワードを追加する広告グループを指定し、「OK」をクリックします。

    キーワードを選択

    ウィンドウ下部にキーワードの入力欄が表示されるので、キーワード内容を追加してください。

    広告の追加

    広告を追加します。ウィンドウ右下の管理欄、「広告と広告表示オプション」から追加する広告タイプを選択します。ここでは、「テキスト広告」を選択してみましょう。ウィンドウ上部の「+ テキスト広告を追加」ボタンをクリックします。広告を追加する広告グループにチェックを入れ、「OK」をクリック。

    広告タイプ選択

    ウィンドウ下部にテキスト広告の入力欄が表示されました。見出しや広告文など、テキスト広告の内容を入力してください。

    作成した内容の送信

    広告配信の準備が整いました。作成した広告情報を、Google AdWordsに反映しましょう。ウィンドウ上部の「送信」メニューから「変更を送信(P)」を選択。

    変更を送信選択

    変更の送信先を確認し、「送信」ボタンをクリックしてください。

    送信クリック

    これで、変更情報の送信が完了しました。Google AdWordsを見てみましょう。変更が反映されているのが確認できますね。

    変更完了画面

あとがき

いかがでしたでしょうか。今回は初期画面の設定方法から基本的な項目の解説をしましたが、他にもキャンペーン・広告グループや広告・キーワードのコピー&ペーストなど使いこなせば効率アップ出来る機能が沢山あります。コツを掴めばそんなに難しくないので、是非活用してみてください。アドワーズエディターでリスティング運用を効率化して、効果的なウェブマーケティングを行っていってくださいね。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>