【口コミがカギ】歯科の集客に口コミを最大限利用するには(歯科特集10)

[著]
歯科の集客に口コミを利用

実際に歯科クリニックを訪れた患者さんからの「口コミ」。見込み客が歯科を決める際にチェックする大きなポイントのひとつです。特に、歯科の口コミサイトは来院する前にチェックする人が非常に多いです。

しかし、「口コミサイトに登録したけれど書き込みが増えない」「どうしたら口コミを書いてもらえるのか分からない」といった声も多く耳にします。

また、口コミの数も、「多くの患者さんが来院する人気の歯医者さん」と思ってもらうきっかけになるので大切です。

スタッフに書き込んでもらうといった自作自演でなく、患者さんから実際のコメントを貰うには一体どうすればよいのでしょう?集客に繋がる口コミを獲得する方法について詳しくみていきましょう。

口コミが歯科の集客に大切な理由って?

そもそも歯科の集客に口コミを書いてもらうことは何故大切なのでしょう?見込み客が、口コミサイトを見る最大の理由は「来院した人からみた歯科クリニックの印象・体験談」を聞きたいからです。

広告やホームページといったクリニック側から発信される情報でなく患者さんからみたときの歯科クリニックのイメージやどんな歯科であるかといった情報を知りたいと思い口コミサイトをチェックします。また、「実際に自分の口の中を診てもらう」ことからも患者さんの声という口コミそのものが来院への直接的な要因になりえます

口コミが投稿されることで費用が発生しないこともポイントです。上手に口コミを集めることが出来れば、高い費用対効果を見込めます。

口コミは見込み客が知りたい情報に直結しやすい

口コミと歯科集客の関係

歯科クリニックのサイトには、「診療メニュー」「アクセス」「診療のコンセプト」など様々な情報が載っていますが、患者さんからの口コミには歯科を来院・診療を受けた際の感想という限定的な情報のみが書かれています。

よって、まず「どんな歯科クリニックなのかを知りたい」見込み客にとっては「患者さんからの口コミ」の方が欲しい情報をスムーズに得ることができます。実際の患者さんの声は以上のような点から集客に大切なポイントとなります。

歯科の集客に口コミサイトを利用しよう

さて、「口コミ」と一概に言っても口コミサイトの他にブログやSNSなど利用出来るツールは様々です。色々な企業が口コミを集めるために様々なイベントや拡散されるためのキャンペーンを行っていますが、歯科クリニックを探す見込み客は「口コミ」といった実際の患者さんの声をかなりチェックしてから決める傾向にあります。口コミをまとめて見ることが出来る口コミサイトにまずは登録することをオススメします。

また、歯科クリニックを探す際に「○○歯科 口コミ」「矯正 歯 口コミ」のように検索ワードに「口コミ」を含んでの検索にも引っかかりやすくなりますし、口コミサイト内での「地域」「こだわり条件」などで検索された際にも口コミ・クリニックのホームページを閲覧してもらえます。口コミサイトに登録することで口コミ自体も集めやすくなります。

口コミサイトについては、以前こちらの記事でも紹介しましたので自歯科クリニックに合ったサイトに是非登録してみて下さい。
「この歯医者さんだったら大丈夫!」信頼感が一般歯科の最大の集客力につながるって?(歯科特集03)
http://cocomachi.tokyo/ippan-sika

他にも「審美歯科ネット」「矯正歯科ネット」のように特化型の口コミを含むポータルサイトもありますので合ったものを選びましょう。

歯科の口コミを増やす!書いてもらう!そのポイントは?

歯科の口コミを書いてもらうポイント

いよいよ口コミを増やそう!と思っても、工夫なしでは口コミはそんなに簡単には増えません。口コミを増やすために重要な3ポイントをみていきましょう。

ポイント1:口コミサイトに登録していることを知ってもらおう

歯科ポータルサイトに登録していることを、患者さんに知ってもらい口コミを書き込んでもらいやすくしましょう。

院内にお知らせとして提示したり、パンフレットに記載することでさりげなくアピールするのも良いですが「口コミサイトに良かったら書き込みをお願いします」と一声かけるようにするだけで口コミ数が増えやすくなります。

また、クリニック内で口コミを書いてもらうと特典が付くといった工夫でも口コミの投稿数はグンとアップします。口コミサイトを知ってもらう・書いてもらいやすくしましょう。

ポイント2:口コミが書きたくなるこだわりポイントを作ろう

患者さんがついつい口コミを書きたくなるようなこだわりや特徴といったきっかけを歯科クリニックに持たせましょう。

例えば、「お誕生日月限定のプレゼントキャンペーン」といった人に話したくなる楽しいサービスや特典を付ける・子どもでも楽しく歯科クリニックに通えるような面白いクリニックなどは口コミにも書いてもらいやすくなります。

「口コミ」はサイトに書いてもらうので、文章にしやすいことを意識するのがベストです。何気ない心遣いやスタッフの配慮ももちろん大切ですが、「口コミを書く」というアクションを患者さんが起こしやすい歯科クリニックの特徴を作ることがポイントです。

口コミを書くのは患者さんですが、口コミになるきかっけ作りと工夫はクリニック側で考えましょう。

ポイント3:流行り・トレンドはいち早く取り入れよう

注目されている治療や流行りのコンテンツをいち早く取り入れることで、話題として取り上げやすくなりますし注目を浴びるきっかけとなります。

また、テレビやネットで多く取り上げられていることも積極的にクリニックで扱うこと話題にもなりやすいです。口コミは本来「誰かに言いたくなる」ことで書かれます

例えば、「テレビで話題になっている歯磨き粉」を限定10名にプレゼンしてくれた!ことは患者さんからすると嬉しいだけでなく思わず誰かに言いたくなるような出来事です。口コミを多く書いてもらうためにも、トレンド情報を多く取り入れることも重要です。

おまけ:マイナスな口コミを操作しようとしてはダメ!

マイナスな歯科への口コミへの対処法

口コミやSNSで問題となるのが炎上や企業にとってマイナスとなる投稿。企業側に非がないにも関わらず、心ない投稿によってマイナスイメージを持たれてしまうこともあり店員による悪ふざけの投稿が話題にもなりました。

いたずらではなくても、実際の口コミに歯科クリニックの集客にはマイナスとなる投稿がされることもあります。しかし、そのような情報が表示されないようにするといった操作をしようとしてはいけません。

クリニック側に非がある場合にはそれを改善点として、今後のクリニック運営に活かすようにしましょう。そうすることで自然と「良い口コミ」が増えるようにするのがベストです。

クリニックにとって良くないコメントや口コミが付いたことを操作しようとすること自体が、クリーンなイメージを取り除いて自分の首を締める行為となってしまいます。マイナスな投稿は、その投稿があった後の対応がイメージを悪くも良くもすることを忘れないでくださいね。

まとめ

いかがでしょうか。歯科の集客に口コミ力は重要です。業者やクリニックのスタッフに書かせるといったことをしている歯科クリニックもありますが、重要なのは「患者さんからの良い口コミ」を増やすこと。

口コミを「書くのは患者さん」ですが、口コミが「書かれる仕掛け作りや工夫は歯科クリニック」で行いましょう。集客に口コミを最大限利用してくださいね。また、「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」といった知恵袋サイトで歯科に関する質問を見て患者さんがほしい情報や口コミを集めるヒントを得ることもオススメですよ。

歯科集患向けガイドブックを無料ダウンロード!

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>