初めてリスティング広告に触れる際にまず覚えておきたい用語集

[著]
リスティング広告用語集

リスティング広告の担当になったけど、何も分からない・・何からはじめたらいいか分からない!と悩んでいませんか?私もリスティング広告に携わることになりましたが、今なんとか頑張っています。

そんな私がスタートして、まず覚えた用語をまとめてみました。

基本的なリスティング用語16選

リスティング広告

YahooやGoogleなどで検索結果に表示される広告です。指定したキーワードで検索のときに広告を表示するように登録する。広告が掲載されクリックされたときに料金が発生します。広告表示の順番は、クリックされた時に支払う金額が高ければ高いほど上位になる。なので人気(定番)キーワードは高くなります。定番ではないが、検索に使う”穴場”なキーワードが見つかれば、かなりおトクに効果をだすことが出来ます。

LPO

検索者が、クリックして最初のページを検索時に入力したキーワードに最適化すること。結果、訪問者の滞在時間を長くしたり、誘導したいページに飛ばすなどの作業。

インプレッション

リスティング広告が、検索結果ページに表示された回数のことです。リスティング広告はクリック課金なので、インプレッション数があっても広告費は発生しません。

キャンペーン

リスティング広告で使用するアカウントの最大単位の名称である。いくつかの広告グループで構成されている。

行動ターゲティング

インターネット広告の一つで、インターネット上の行動記録をもとに検索志向に合った広告を絞り込んで表示する。

地域ターゲティング

地域を限定して広告を表示する機能です。

PPC

検索した人(ユーザー)がクリックした分費用が発生するインターネット広告の一つです。クリック課金型のインターネット広告。

FistPageBid

検索結果ページの1ページ目に表示されるために最低必要な入札価格の見積りです。

完全一致

検索キーワードが、登録したキーワードと完全に一致したときに広告を表示させる設定。Googleだと[キーワード]で登録すると設定できる。

部分一致

検索キーワードが、登録したキーワードと部分的に一致したときに広告を表示させる設定。類義後や関連語句でも表示されてくることもある。Googleだとキーワード  何もつけない状態で設定できる。

フレーズ一致

検索キーワードが、登録したキーワードの語順通りに含まれているときに広告を表示させる設定。Googleだと”キーワード”で登録すると設定できる。

絞込み部分一致

部分一致よりも表示範囲を絞り込むが、フレーズ一致よりは広く表示させる設定のこと。Googleだと+キーワード+キーワードと+を1キーワードの頭につければ設定できる。

ユニークコンバージョン

検索者が、広告をクリックした先のページで、購入やメルマガ登録、資料請求などの設定した最終目標に達成された数です。Googleアドワーズだと「コンバージョンに至ったクリック」と管理画面で表示されています。

CPA

1コンバージョンにかかった費用のこと。CPA=「コスト」÷「コンバージョン数」

CPC

1クリックあたりの料金。CPC=「コスト」÷「クリック数」

CTR

クリック率。インプレッション数に対してクリック数の割合。CTR=「インプレッション(表示回数)」÷「クリック数」

まとめ

いかがでしたか?最初は、いろんな言葉が多くて覚えにくいですが、何度か読んでいけば理解できない用語ではないので、まず提示した用語を頭に入れていきましょう。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>