まだ、GDNでスマホアプリへの広告配信を除外してるの?

[著]
キッパリ

ほんの1~2年ほど前まで、GDN(Googleディスプレイネットワーク)のアプリへの広告配信といえば「除外」するのが定番でした。

無料アプリでゲームに没頭してる人、間違って広告をタップして怒ってる人。。。まぁ、ユーザーの質が悪いというのが一番の理由ですね。かくいう私も、「とりあえず除外すっぺか?」と右にならえでバイバイしてたわけです。

でも、気づけばニュースを読むのも、動画を見るのも、地図を見るのも、何をするにもアプリなんですよね。ブラウザベースではなくアプリ。

しかも、アプリ経由のCVが確実に増えているアカウントもチラホラ。こりゃもう、ALL除外してる場合ではないのです!

こんなアプリで結果が出てます!!

「ディスプレイネットワークのキーワード」や「地域」といった設定はあえて端折りますが、こんなアプリで実際に結果が出てます。

学生対象のサービス 英単語アプリ
目覚ましアプリ
ママさん対象のサービス 家計簿アプリ
知育ゲームアプリ
サラリーマン対象のサービス 乗換アプリ
チャットアプリ(出会い系)
高齢者対象のサービス 歩数計アプリ
パズルゲームアプリ
看護師さん対象のサービス 睡眠アプリ
懐中電灯アプリ

コレくらいにしておきますが、何となくピンときますよね?

具体的な業種は明かしませんが、検索連動型広告の1/5以下のクリック単価でGDNが出せるのであれば合格ラインのCPAに持っていけることが期待できます。えぇ、期待できますとも。

効果的なアプリの探し方と設定方法

関連性の高いアプリで勝負したい

  1. GDN(キーワードを設定)の「プレースメント」を開く
  2. 良さげなアプリをピックアップ
  3. 専用の広告グループを作って「プレースメント」に設定(キーワードは設定しない)

ターゲットがよく使うアプリで勝負する

  1. リマーケティングでターゲットがよく使うアプリをチェックする
  2. 良さげなアプリをピックアップ
  3. 専用の広告グループを作って「プレースメント」に設定(キーワードは設定しない)

普通に考えると「関連性の高いアプリで勝負したい」の方が成功率は高いと思います。ただ、「ターゲットがよく使うアプリで勝負する」で目視でお宝アプリを探り当てる方が楽しいし、気持ちいいです。

(おまけ)スマホアプリへの広告配信を停止する方法

それでもボクはアプリに出さないという方は、Google AdWords「共有ライブラリ」の「キャンペーンの除外プレースメント」で下記URLを設定しましょう。この1URLだけで、アプリへの配信は除外できます。

adsenseformobileapps.com

最後に

「まだ、GDNでスマホアプリへの広告配信を除外してるの?」いかがでしたか?

アプリ内の広告はどうしたって嫌われ者です。学生対象なので目覚ましアプリに配信するといったって、学生以外の利用者も大勢いるわけですしね。であれば、より確度の高い英単語アプリに絞る。英単語アプリといっても、いろいろあるわけですし。

そんなコトを考えつつ、ぜひぜひトライしてみてください。考えることがリスティング広告運用の醍醐味です。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>