Yahoo!のアドバンスドURLで変わるテキスト広告の文字数制限

[著]

Yahoo!プロモーション広告の「アドバンスドURLシステム」はURL周りの仕様変更に注目が集まってますが、テキスト広告の仕様も変わるってご存知でしたか?

使える記号は変わりませんが、実は文字数制限が嬉しい方向に変わるのです。

テキスト広告の文字数がこう変わる!

今までの仕様をおさらい

タイトル 15文字
説明文1 19文字
説明文2 19文字

今まで文字数はこのように決まってましたが、全角でも半角でも1文字としてカウントされてました。

GoogleAdWords(日本向け)も文字数自体は同じですが、半角は0.5文字としてカウントされます。そのためGoogleからYahoo!に広告文を移行する際、ちょいと手間をかけないといけませんでした。

例えば、10,000円はGoogleだと4文字ですが、Yahoo!だと7文字となります。文字数制限をオーバーする場合、一万円と表記したり、10000円とコンマを減らしたり、他の箇所を調整したり、まぁ面倒だったわけです。

この制限内でココ街の広告文をちょいと書いてみました。こんな感じでしょうか。

ココ街広告文(旧システム)

アドバンスドURLの文字数制限

タイトル 30文字
説明文1 38文字
説明文2 38文字

アドバンスドURLの文字数はこのようになります。一見、2倍になったように見えますが全角は2文字、半角は1文字としてカウントされます。

つまり、すべて全角の広告文は今までと変わらないけど、半角文字の扱いが変わるということです。小さな変更のように思いますが、表現の幅は大きく変わりますよね。

ココ街の広告文もこんな感じにパワーアップ?

ココ街広告文(アドバンスドURL)

ちなみにアドバンスドURL形式での広告出稿は2016年4月13日からスタートしてます。半角英数字や半角記号が大好き方は、URLの仕様変更を理解した上でトライしてみましょう。

【参考】
Yahoo!の「アドバンスドURLシステム」でGoogle Analyticsのパラメータを付けるには?

最後に

「Yahoo!のアドバンスドURLで変わるテキスト広告の文字数制限」いかがでしたか?

アドバンスドURLへの移行機能は2016年6月29日に提供されるようですが、見出しが2つ付けられる「拡張テキスト広告」が年内にもGoogleAdWordsに導入されるようです。もう、目眩がしそうですね(笑)

このような仕様変更に着いていくことも大事ですが、広告文の本質である「誰に何を伝えるか?」に磨きをかけていくことは忘れないようにしたいものです。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>