縦長ランディングページの印刷が自由自在!みんな使ってる無料ツール

[著]
ランディングページ印刷例

何スクロールもある縦長ランディングページやWebページのラフチェック等、縦に長い画像ファイルを印刷するとき、どうしてますか?

普通にファイルを右クリックして「印刷」を選んでも、「1枚に印刷されて見づらい!」、「画像の一部しか印刷されない!」と苦戦した経験がある方も多いはず。

しょうがないので、Excelに貼り付けて、改ページ設定でなんとか印刷。Wordに貼り付けて強引に印刷。PowerPointに画像をズラしながら貼りつけて印刷。まさか、そんな面倒なことしてませんよね?

知ってる人は知ってると思いますが、Windowsに標準で付いてるお絵かきソフト「ペイント」が意外に便利なんです。

1.ペイントで画像ファイルを開く

ファイルを右クリックし、「プログラムから開く」から「ペイント」を選択してください。ペイントが表示されない場合、「既定のプログラムの選択」から選べます。

2.ページ設定

ペイントで画像ファイルを開く

ペイントが開いたら、画面左上のメニューから「印刷」→「ページ設定」を選びます。

3.印刷の向き・中央揃え・余白

印刷の向き・中央揃え・余白

印刷の向きは「縦」。中央揃えは「水平方向」。余白は上下だけ「0」にしておきます。(余白を0にしてもプリンタ側の仕様で多少の余白は出ます)

4.拡大縮小

拡大縮小

「合わせる」の右側の数値のみ調整します(例では6)。画像ファイルの長さによりますが、できるだけ大きく印刷したい場合、「印刷プレビュー」欄の左右の余白が少なくなるよう、数値を調整してください。

5.印刷プレビュー

印刷プレビュー

各種設定が終わったら「OK」をクリック。念のため、「印刷プレビュー」で仕上がりを確認してから印刷しましょう。

「縦長ランディングページの印刷が自由自在!みんな使ってる無料ツール」いかがでしたか?たったこれだけのコトですが、何げに聞かれることが多いので記事にしておきました。無料なのもいいですよね(笑)

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>