こんなの知らなかった!Google検索で抑えておきたい8つの上級テクニック

[著]
ファーストビュー

「Google検索のテクニック」と言われて「OR検索や電卓?それならもう知ってる」という人も多いはず。当「ココ街」でも以前の記事Google検索を使いこなす!裏ワザ的な使い方ができる特殊検索方法10選で検索に役立つ基本機能はすでに紹介していますし「もう十分使いこなしてるよ」という人もいることでしょう。でも「意外と知られていない上級テクニック」は、実はまだまだあるんです!ここでは日々の検索を更に便利にする上級テクニックや、アプリ要らずの役立つ機能についてご紹介していきます。

「..(ダブルピリオド)」で範囲検索しよう!

「去年から今年に起こった出来事だけを知りたい」「プレゼントを探したいけど、予算は2000円から3000円程度の中で探したい」等、「時間・価格・年代」などを区切って検索結果を出したい時ってありませんか?通常のメールや文書などでは、このような価格帯・年代等の範囲は「2014~2015」「2000円~3000円」など「~(波ダッシュ/チルダ)」で書くことが多いですよね。でもGoogle検索でこのような「範囲検索」を行う場合には「.(半角ピリオド)」を2回入力する「..」を使用します。

例えば2000円から3000円の予算内でお中元を探したいという場合には、「お中元 2000円..3000円」と入力すればOK。範囲内に該当する検索結果のみを表示してくれます。

「intitle:」でサイト名検索もできる!

通常のGoogle検索では、入力したキーワードが「タイトル・本文・サイト説明文」に含まれるサイトが全て表示されます。そのため例えば「好かれるWebデザイン」というキーワードをメインに扱うサイト(タイトルにキーワードを含むサイト)を探したくても、「本文」にキーワードが入ったサイトが一緒に表示されてしまうわけです。

ちなみに上記キーワードで通常検索した結果は約536,000件。これでは欲しい情報が見つかりませんね。こんな時には、検索したいキーワードの前に「intitle:」を付けてみましょう。これでキーワードのヒット対象は「サイトのタイトルのみ」に限定されます。今回の場合は「intitle:好かれるWebデザイン」と入力して検索。これで検索結果を一気に4件にまで絞り込めました。

検索絞込み

画像データから一致・類似画像検索してみよう!

Web上にある画像データや、自分で撮影・描画したデータを指定することで、それらと一致・類似した画像を探し出す「画像検索機能」もあります。

画像検索の手順

  1. Googleのトップページの左上から「画像」をクリック
  2. 検索フォーム右側にあるカメラマークをクリック
  3. 検索元となる画像のURLを指定するか、用意した画像をアップロード

なお上記機能はPC版サイト専用となるため、スマホ(Android、iPhone)の場合には事前に以下の手順を行ってください。

スマホでの画像検索の手順

  1. GoogleのWebブラウザである「Google Chrome」をダウンロードする
  2. 「Google Chrome」を起動してGoogleトップページ→Google画像検索画面へ
  3. 画面上部、URL枠右側にあるツールバーから「PC版サイトをリクエスト」をタップし、PC版サイトを表示

通貨(為替レート)計算は旅行でも大活躍!

海外旅行等で大活躍してくれるのが、現在の為替レートに準拠した海外通貨の計算機能です。例えば「250アメリカドルって日本円でいくら?」と思ったら、「250米ドル」と入力するだけで「現在の日本円に換算していくらになるのか」を表示してくれます。

日本円換算
2015/11/24でのアメリカ250ドルの日本円換算

また日本円以外で「外貨から外貨」の計算も可能。例えば香港ドルを中国の人民元に計算しなおしたい…という時には「100香港ドルを中国のお金に」と入力するだけでOKです。通貨名がわからなくても「●●のお金」と国名を指定することで、該当国で使用されている通貨で計算してくれます。

世界80カ国語以上の翻訳に対応!

Google検索フォームは翻訳機としても活躍してくれます。日本語から海外の言葉に翻訳したい場合には、検索フォームに「翻訳したいワード」と「翻訳したい言語」、そして「翻訳」と入力すればOK。

例えば「おいしい」という言葉をドイツ語に翻訳したい時には「おいしい ドイツ語 翻訳」と検索フォームに入れることで、該当するドイツ語が表示されます。表示右上のスピーカーボタンを押せば、発音を確認することも可能です。

反対に外国語を和訳したい時には、「翻訳したいワード 翻訳」と入力するだけ。当てはまる言語を自動的に選択し、和訳してくれるので便利です。なお言語は英語・フランス語・中国語といったものから、スワヒリ語やタガログ語等まで全80語以上に対応しています。

翻訳の画像
「ココ街 英語 翻訳」で検索すると・・・

会社情報、株価の確認もスムーズ

Google検索フォームに知りたい企業の名前を入力するだけで、主だった企業の正式名称、現在の株価、所在地、設立年などを表示してくれます。「とりあえず企業の概要を抑えたい!」という時、わざわざ企業の公式サイトに行ってアレコレとサイト内を探しまわるのは意外と手間がかかるもの。こんな時、サッと要所だけを抑えられる便利な機能です。

また「株価 会社名」と入力すれば、現在の株価の動向の他、5日・1ヶ月・3ヶ月・1年・5年の株価動向をグラフで確認することも可能。日本経済新聞(日経ネット)と連動したサービスとなっているので、情報の信頼性も抜群です。

食べたもののカロリー計算も簡単!

ダイエット中の人に助かる機能が「カロリー計算機能」です。「食べたものの名前 カロリー」と入力するだけで、平均的なカロリーを算出してくれます。ちなみに「ごはん カロリー」等の場合、ごはんの種類(玄米、精白米、赤飯)などを後から選んで再計算することも可能です。なお現在のところ、カロリー計算の分量は100グラム換算となっています。

親子丼のカロリー
「親子丼 カロリー」で検索すると・・・

映画の上映時刻もすぐに調べられる

「観たい映画のタイトル 観たい地域」で検索すると、該当地域や近隣地域で上映されている映画館、上映時刻、映画館の地図情報が表示されます。また映画館名のみで検索を行うことで、該当する映画館のすべての上映スケジュール(検索当日/検索翌日)を確認することも可能です。

おまけ ミニゲームで遊べる!

裏ワザ的なミニゲームも用意されています。時間が空いた時等にちょっと遊ぶ時に、また周囲の人に「こんなの知ってた?」と話題にするにもおすすめです。

  • 「zerg rush」:トップページで「zerg rush」を検索すると、ゼロ(0)が画面上部から降り注いできます。数度クリックでゼロを消していくだけのゲームですが、意外と難しいですよ。
  • 「atari breakout」:画像検索で「atari breakout」と検索すると出てくるブロック崩しゲーム。ごくシンプルなゲームですが、きちんと一時停止(PAUSE)ボタンもあります。なおデフォルトでは音が出る仕様なので、職場等で試す人はご注意を。

他にもGoogleの面白い裏ワザを知りたい方はこちらの記事を是非読んでみて下さい。
何これ!?画面が回転してる!宴会ネタにも最適なGoogleおもしろ裏ワザ特選集

おわりに

いかがでしたか?Googleの検索機能をフル活用すれば、Webライフがもっと便利で充実したものになることは間違いありません。さっそく今日からGoogleの便利なテクニックを試してみてくださいね。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>