何これ!?画面が回転してる!宴会ネタにも最適なGoogleおもしろ裏ワザ特選集

[著]
67f32e01313dde3d5f41ebec8c0143d1_s

調べ物をする時に多くの人が利用している検索エンジン「Google」。今やググる(Google検索)という言葉も一般動詞に、日常用語として定着しつつありますね。実はそんなGoogleには色々な裏ワザがあります。例えば、「曲 アーティスト名」で検索すると、アーティストの楽曲リストが一覧で表示される機能などは有名ですね。

しかし、便利な隠し機能とは一線を画しますが、「何これ?」「どうしちゃったの?」と思わずつぶやいてしまうユーモアに溢れた裏技がいっぱいあります。Google隠しコマンドと呼ぶ人も。おもしろ裏ワザの数々ご紹介します。

ちなみに、この裏ワザは、IE(インターネットエクスプローラ)など一部ブラウザには対応していません。「Google Chrome 」「Firefox」 にてご確認ください。「Opera」「Safari」 では対応しているものと対応していないものがありますので、ご注意ください。

ぐるん・ぐるん。画面が回転する

「一回転」で検索すると、検索結果ページがぐるりと1回転します。「do a barrel roll」と入力して検索しても同じように検索結果ページがぐるりと1回転します。戦闘機やアクロバット機が進行方向を変えずに横に1回転する飛行のこと何度も行うとちょっぴり酔ってしまいますよ。

画面が回転

アレ?何かおかしい。画面が斜めに

「斜め」「askew」と検索するとGoogle画面がちょっぴり傾きます。「askew」とは、斜めに、ゆがんで、一方に傾いてという意味があるそうです。

画面が斜め

検索結果がアルファベットの「O」に食べられる…

「Zerg Rush」と入力すると、「O」の文字が検索結果を次々と食べ始めます。Zerg Rushとは、「Starcraft」というゲームから生まれた俗語で、弱いキャラクターを大量に投じて少数の相手を攻撃する手法のことを指すそうです。検索結果を全部食べた後は、「O」が集まりだし、「GG」という文字を形成。GGとは、”good game”の略のようです。

0に食べられる

ぜひ一度トライしてみて!Googleが急に落下

数多くある裏ワザの中で、ユニーク度が高い裏ワザ。「Google Gravity」と検索し、検索結果の一番上に表示される「Google Gravity ? Mr.doob」をクリックします。さらに崩壊した状態で検索を続けると、検索結果も落ちてきて、大変なことに。

急に落下

突然、海が出現。浮かぶGoogle

「Google Underwater Search」と検索します。検索結果の一番上をクリックすると、魚が泳ぐ海が現れます。検索窓は浮力でぷかぷか浮いています。さらに検索すると、イメージ検索の結果と一緒に、検索窓も水の中へ沈んでしまいます。

急に落下

スーパーマリオブラザーズのコインボックスが…

マリオとルイージ、ピーチ姫、クッパ――このゲームソフトは何でしょうか。そうスーパーマリオです。「スーパーマリオ」「スーパーマリオブラザーズ」と入力し検索してみてください。右側にコインボックスが出現します。

急に落下

英語で「ユニコーンの角の数」を聞くと回答が…

英語で「ユニコーンの角の数」という意味をあらわず、「the number of horns on a unicorn」を検索窓に入力し、検索すると角の数を教えてくれます。果たして、正解は何本でしょうか?ぜひ自分でやってみてください。

「人生、宇宙、すべての答え」と検索すると謎の数字が登場

「人生、宇宙、すべての答え」という言葉は、作家「ダグラス・アダムズ」のSF小説『銀河ヒッチハイク・ガイド』に登場するフレーズです。物語の中で「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」を問われたスーパーコンピュータが750万年の計算の末に引き出した答えが「42」です。英語のフレーズのまま「the answer to life, the universe and everything」と検索しても同様の答えが表示されます。

急に落下

英語で「パン屋の1ダース」と問うと回答が…

「パン屋の1ダース」という意味の英語「a baker’s dozen」と検索すると、答えである13ということを教えてくれます。パン屋の1ダースはイギリスが起源と言われています。イギリスでも、1ダースは日本同様12です。ではなぜパン屋の1ダースが13になったのか?それは、13世紀に交付された公布された『パンとビールの基準法』に由来するそうです。

検索結果でハートを描く

「Graph for sqrt(cos(x))*cos(300x)+sqrt(abs(x))-0.7)*(4-x*x)^0.01, sqrt(6-x^2), -sqrt(6-x^2) from -4.5 to 4.5」と検索すると、計算結果がグラフで表示されハートが描かれます。密かに想いを寄せるあの子に気持ちを伝えるときに便利かも。

ハートを描く

だんだん、大きく!

「EPIC GOOGLE」と検索して一番上の検索結果をクリックすると、Googleのロゴやパーツが、どんどんこちらに向かって近づいてきます。これどうなってしまうの?!とその後の展開に思わずドキドキしてしまいます。

だんだん大きく

じょじょに、小さく!

「Weenie Google」と検索し、一番上の検索結果をクリック。EPIC GOOGLEとは逆で今度はどんどん遠ざかっていきます。小さな小さなグーグル窓になってしまいます。

だんだん小さく

まとめ

みなさま、いかがだったでしょうか?裏ワザといっても決して作業効率が上がるものではなく、Google社の遊び心が満載の裏ワザばかり。思わず見入ってしまうものばかりだったのではないでしょうか。まだ知らないという方も多くいるようです。スマートフォンでもパソコン同様の結果になりますので、忘年会、合コンなどで披露してみてはどうでしょうか。初めて見る人はきっと食いつくはず!

引用元:「知ってても実用性ゼロのGoogle裏技コレクション」
http://blog.prtimes.co.jp/yamaguchi/2012/03/google_10/

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>