Facebook広告はインプレッション課金とクリック課金どっちがお得?

[著]
facebook広告

Facebook広告を設定する上で問題になるのが、「インプレッション課金」と「クリック課金」の選択です。

まさに、どっちの課金にしまショー状態。Yahoo!プロモーション広告やGoogleAdWordsのクリック課金に慣れてると、「クリックもされないのにお金を払うなんて嫌じゃ嫌じゃ!」と思いがちです。

リスティング広告屋さんのWebサイトには、「クリック課金だから無駄打ちがない!」なんて書いてあることも多いので、特に悩むこともなく「クリック課金」を選んではいないでしょうか?

確かに、ターゲット入札価格を150円に設定しておけば、基本的にそれ以下の単価でウェブサイトクリックやFacebookページへのいいね!等のエンゲージメントを獲得できます。

月10万円の予算であれば、650程度のエンゲージメントが保証されます。「Facebook任せのインプレッション課金にするなんてバカげてる!」と考えるのも無理はありません。

インプレッション課金を勧める理由

しかし、私がお勧めするのは・・・実は、「インプレッション課金」です。ターゲットを絞り込み、クリック率の高い広告クリエイティブを作ることで、クリック課金の1/2~1/4ほどの単価でエンゲージメントを獲得できるケースがほとんどなのです。先ほどの例で言えば、

  • クリック課金 650エンゲージメント
  • インプレッション課金 1,300~2,600エンゲージメント

といった具合です。

社内でFacebook広告を運用する場合は、入札価格を調整する手間が省けることもメリットと言えます。適当に入札価格を設定して1週間後に管理画面を見てみたら、ほとんどインプレッションが発生してなかった。。。なんて悲しい思いをしなくてもいいのです。

Facebook広告のクリック単価は必ず上がる?

ただし、ターゲティングした潜在リーチ数によっては、ほんの数日~数週間で単価が上がってしまうこともあります。オーディエンスに一通り広告が配信され、「また、この広告かよっ!」と徐々にクリック率が下がってくることが原因。いわゆる、「広告が一巡した」と言われる状態に陥ることがあります。そんな時は、

  • ターゲットを広げてみる
  • 広告クリエイティブを変えてみる

にトライしてみましょう。それでも思ったような数字に戻らない場合、「インプレッション課金」の中盤~終盤あたりのクリック単価で「クリック課金」にトライしてみてください。

Facebook広告、まずは「インプレッション課金」で攻めてみましょう!!

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>