Google AdWordsの「詳細分析」で次の一手を探ってみましょ!

[著]
こんなときこそ詳細分析

リスティング広告の運用って、キャンペーンや広告グループの一覧画面を眺めてるだけでは、なかなか改善案は出てきません。運用開始当初はやるコトがあっても、次の一手となると。。。

でも、その一手を打てるかどうかが売上UP、集客UPの鍵となるわけです。

そこで今回は、Google AdWordsの「詳細分析」にスポットを当ててみました。アカウント構成が複雑になればなるほど把握しにくくなるデータも、「詳細分析」で見れば一目瞭然!なのであります。

詳細分析ってどこで見るの?

詳細分析タブをクリック

詳細分析タブをクリックすると表示されます。デフォルトでは、「表示:日」になってるため、詳細分析=日別データを確認する機能と勘違いしてる人もいるのでは?

ところがどっこい、プルダウンメニューから選べる項目はこんなにあります。

  • コンバージョン
  • ラベル
  • 期間
  • リンク先URL
  • 最終ページURL
  • 変動レポート
  • 地域
  • ユーザーの所在地
  • 距離
  • 検索語句
  • 検索広告とオーガニック検索
  • 自動プレースメント
  • 料金が発生しないクリック
  • コール統計の詳細
  • キャンペーンの詳細
  • 広告グループの詳細

詳細分析の注意点

「リンク先URL」は「最終ページURL」に切り替わる以前のデータを見たい時、「検索広告とオーガニック検索」はGoogleSearchConsoleとリンクしないと見れません。

また、「ユーザーの所在地」は物理的にユーザーがいる場所で、「地域」はそれに加えてユーザーが興味を持ってる地域も含まれます。まぁ「地域」を見ればよろしいかと。

アカウント全体で各種データを把握できるのが最大のメリットですが、キャンペーンや広告グループ単位でも確認できます。

詳細分析で見ておきたいオススメ項目3選

1.「最終ページURL」でランディングページの成績をチェック

詳細分析の最終ページURL

ランディングページの成績はGoogleAnalyticsでも確認できますが、「詳細分析」であれば広告データで見比べることができます。

また、URL毎のアカウント全体のデータをまとめてチェックできるので、広告文単位で集計&地道にチェック・・・なんて手間がかからないのが最大のメリットです。

2.「変動レポート」で異常値をチェック

詳細分析の変動レポート

クリック数、費用、コンバージョン数が大きく増減したキャンペーンや広告グループが10秒で把握できます。プルダウンから7日、14日、28日を選ぶと、自動的に直前の同じ期間との比較となります。

さらに、「詳細」をクリックすると、表示回数や掲載順位等の変化率が表示されます。Google先生が「考えられる原因」を教えてくれることもあります。

キャンペーンや広告グループの一覧画面では期間を細かく指定して比較できますが、「変動レポート」は増減したものだけをピックアップしてくれるのが嬉しいところ。これだけなら週末でもゴールデンウィークでもチェックできますよね。

3.「距離」で狙うべき商圏をチェック

詳細分析の距離

住所表示オプションが設定してあれば、店舗や事務所からの距離による成績を見ることができます。注意点としては、「700m以内~65km以内」までは累計でカウントしており、「65km以上」はそれ以上離れた場所の合計という点です。

この例の場合、25km以内までコンバージョン数が伸び続けており、それ以上は微増ということが一目で分かります。これが累計のメリットですね。

店舗型ビジネスの場合、半径指定で入札単価調整をかけるケースが多いと思いますが、データはキャンペーン単位でしか把握できません。「詳細分析」は全キャンペーンまとめた成績が簡単に見れるので、商圏の把握に役立つというわけです。

まとめ

いかがでしたか?「詳細分析」は日々の数値チェックだけではなく、次の一手の判断材料を得るのに適した機能です。

今回は紹介しませんでしたが、「時間」を選べば時間帯別のコンバージョンデータが把握でき、メルマガ配信時間の参考にもなったり。。。いろいろ使いこなしてみてください。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>