何となくじゃ成果は出ない!目標をハッキリして成果の出るWEBサイト運営をしよう

[著]
ビジネス用語

WebサイトやLPを制作/運営するにあたり、明確な目標設定は欠かすことができません。正しい目標があれば、やるべきことやスケジュールもハッキリしてくるもの。目標が必要な理由と、目標設定のためのポイントをご紹介します。

目標設定が必要な理由とその方法

目標設定が必要なワケ

Webサイト運営に限らず、目標を立てることはビジネスでは欠かせません。それはなぜなのでしょうか?答えはとても簡単。山登りにたとえてみましょう。山登りをするときは、どこを目指しているでしょうか?山頂ですよね。その山の頂上にたどり着くことがゴール、すなわち目標なのです。山登りをしているのに、ゴールはわからない。そんな登山をしていたら、大変です。そんな調子だと、遭難してしまうことだってあるかもしれません。目標が重要な理由とは、こういうところにあるなのです。

山登りを例に出しましたが、Webサイトの運営でも同じことが言えます。目標(ゴール)を設定する大切さには、変わりがありません。山登りの場合は目標が明確ですよね。でも、Webサイト運営のゴールって何なのでしょうか?これが、本記事のテーマ。

Webサイトの目標は立てづらい?

Webサイト運営の目標は設定しづらいんです。そのため、そもそも目標を定めていないケースが散見されます。「とりあえずはじめてみるか。」そういった考えでWebサイトを制作、管理しているケースも多いということ。これでは、成功の確率が低いと言わざるを得ません。万が一効果を上げることができたとしても、目標を設定していたら、もっと効果を上げられたかもしれませんよね。これはもったいない。

Webサイトの目標設定における3つのポイント

Webサイト運営の目標を設定するには、3つのポイントがあります。キッチリと目標を定めて、成功へと突き進んでください。それでは順に見ていきましょう。1つ目のポイントは、何のためにそのWebサイトをつくったのか、ということです。

  • 売上をアップさせたいから?
  • 企業の信頼度を高めるため?
  • 自社製品のブランディングの一環として?

自社のWebサイトは、何のためにつくられるのか。目標を設定するためには、先ず、Webサイトの存在意義を再認識する必要があります。

2つ目のポイントは、具体的な数値を目標に盛り込むことです。売上げを向上させたいとしても、どれくらいアップさせたいのか?3%?それとも5%?明確な数値を入れることが大事なのです。

3つ目のポイントは、スケジューリングです。数値を決定したら、それを達成するまでの期間を決める必要があります。いつまでに達成させるのかが不明確だと、そのためのタスクもいつまでたっても完了しません。目標達成に着実に近づくためにも、期間を設定するようにしてください。

目標設定に活用できる!3つの指標

さて、目標を設定をするためのポイントはわかりました。ですが、その達成度はどのようにして測ればいいのでしょうか。5合目まで来ているのか?それとも、まだ3合目なのか。目標を数値で表したのですから、その達成度も数値で確認したいもの。目標の達成に向けて使える指標を3つ、ご紹介しましょう。

KGI(Key Goal Indicator):重要目標達成指標

KGIとは、設定した目標(ゴール)までの達成度合いを示したもの。その事業での年間売上などが、KGIにあたります。ECサイトを立ち上げたとしましょう。この場合、日や週ごとの売上額がKGIにあたります。

KPI(Key Performance Indicator):重要業績評価指標

KPIとは、設定した目標に対して、現在の状況を示す指標のこと。サイトの問い合わせを向上させたいとします。その場合は、問い合わせ件数を期間で区切り、その件数を見る必要があります。こういった数値が、KPIにあたります。KPIを追っていけば、現在の状況がわかるので、次に行うべき対策を練ることにつながります。

なお、KPIは一つの目標に対して複数設定することが一般的です。さまざまなKPIをウォッチしていた方が、確度の高い分析ができることがその理由。先ほどの例で言えば、問い合わせページからの離脱率や新規の会員登録数、リピート率、成約率なども、KPIに盛り込みましょう。

KSF(Key Success Factor):重要成功要因

Webサイトの成功、言い換えるとKGIの達成のために必要な要因のことを、KSFと呼びます。KSFは具体的なタスクと言えます。KSFを実行していくことでKPIが達成されていく、ということになります。

目標達成に向けてPDCAをまわしていこう

明確な目標が設定でき、目標達成に向けての評価指標も準備できました。あとは、ゴールに向けて実行あるのみです。PDCAを活用して、ゴールへの道のりを進んでいきましょう。

PDCAとは?

Webサイトの運用をするときには、PDCAをまわし続けるようにしましょう。PDCAとは、PLAN(計画)・DO(実施)・CHECK(確認/評価)・ACTION(改善)のサイクルを繰り返す改善手法のこと。さきほどと同様、問い合わせ向上を例に出しましょう。ここでのKPIは、問い合わせの件数でした。この値に向上が見られていないとしましょう。原因は、対応するKSFにあると言えます。入力項目の種類や数が原因かもしれませんし、サイドバーやその他の要素間の配置が適切でないかもしれません。

あるいは、お問い合わせページへの流入経路やリスティングの設計が原因かもしれません。測定データを元に仮説を立てたのち、改善計画をつくり(PLAN)、実行し(DO)、その効果を測定(CHECK)。それを元に、改善点を考えます(ACTION)。PDCAサイクルを活用することによって、Webサイト運営にまつわる課題を解決していくことができるのです。

PDCAのコツ

意識して欲しいことは、PDCAを小さくまわしていくことです。対象が広いと効果測定が満足にできず、PDCAサイクルが頓挫してしまうでしょう。PDCAを何度もまわしていくことは、地道な作業になります。ですが、小さなPDCAサイクルをまわし続けていくことが、目標達成への確実な道。根気強く取り組んで行きましょう。

あとがき

いかがでしたでしょうか。Webサイトはつくって終わりではありません。つくってからが勝負、とも言えます。目標を立てたら、KPIなどの指標をウォッチしながら、粘り強くPDCAをまわしていってください。ぜひ効果の上がるWebサイト運営を行ってくださいね。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>