初心者にもわかる!UIとUXって何のこと?

[著]
UIUX

最近、UIとかUXといった用語をよく目にするようになりましたね。ただ、用語の意味をちゃんと理解している人は意外と少ないのではないでしょうか?

また、UIやUXはOSやアプリなどのアプリケーションにまつわる用語だと思われがちですが、WebサイトやWebコンテンツにもあてはまります。今回はUI、UXの意味とその違いについてわかりやすく解説します。

UIとUXは似て非なるもの

UIとは何か?

まず、UIとはユーザーインターフェイス(User Interface)の略で、例えばOSやアプリの表示画面や操作方法がこれにあたります。

ソフトやアプリへのリンクがテキストではなくアイコンで、アイコンとアイコンの間には適度な余白が設定されていますよね。また、アイコンをクリックやタップすることでソフトやアプリが起動する導線もUIデザインにあたります。

ユーザーインターフェイス

ユーザーインターフェースとは、コンピュータシステムあるいはコンピュータプログラムと人間(ユーザー)との間で情報をやり取りするための方法、操作、表示といった仕組みの総称である。

ユーザーインターフェースは、情報の表示形式から入力方法、入力の反応の様子など、非常に細かな要素が組み合わさって、総合的な操作感の良し悪しを決定づけている。特にオペレーティングシステム(OS)のユーザーインターフェースは、その上で動作するアプリケーションソフトの表示や基本操作の基調となることが多いため、重視される。

出典|IT用語辞典バイナリ

UXとは何か?

また、UXとはユーザーエクスペリエンス(User Experience)の略で、日本語に訳すと「利用体験」になります。OSやアプリなどを使ってみて直接的に思ったことや感じたこと、それに加えて使う前の期待感や使った後の満足感などもUXデザインに含まれます。

ユーザーエクスペリエンス

ユーザーエクスペリエンスとは、製品やサービスを利用を通じて得られる体験(experience)の総称である。

ユーザーエクスペリエンスは、製品やサービスの利用に関わるあらゆる要素を含んだ幅広い概念といえる。ユーザビリティの概念で問われる「使いやすさ」や「使い勝手」などの要素に加えて、使い心地・感動・印象なども重視される。

出典|IT用語辞典バイナリ

UIはUXの一部分

つまり、UIとはUXを構成する一部にあたります。UXはUI以外にもいくつもの要素を含むので、いいUIデザインだからいいUXデザインとはなりません。ただし、いいUXデザインには、いいUIデザインが欠かせない存在なのです。

UIだけではない、UXを考慮したサイト設計をする

UIやUXはOSやアプリだけではなく、WebサイトやWebコンテンツにもあてはまります。

見た目や使い勝手などの目に見える部分(ユーザーインターフェイス)だけでなく、Webサイトを訪問したユーザーを満足させられるか(ユーザーエクスペリエンス)が重要です。

サイトやコンテンツを利用することでユーザーにどのような体験をしてもらうかまでを意識して設計します。そうすることでユーザーの気持ちを動かし、ユーザーが満足できるサイトを構築することが可能になるのです。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>