人もWebサイトも第一印象が大事!サイトの身だしなみを整えて人に好かれるサイトにしよう

[著]
WEBサイト見た目

第一印象が良いことは人付き合いや対人関係において沢山のメリットがありますが、それはWebサイトでも一緒です。第一印象の良い人の所に人が集まりやすいのと同様に、Webサイトでも第一印象から集客が容易にいくサイトと中々集客が上手くいかないサイトがあります。

また、良い第一印象をサイトの訪問者に与えることは、長時間サイトを閲覧してもらえるだけでなく会社や商品の印象にも繋がります。

第一印象は中々変えられない!?

そもそも第一印象とはどのように決まるのでしょうか。

人の第一印象を決める要素には「外見」「態度」「話し方」「話の内容」の4つがあり、特に「外見」が最も大きな第一印象を決める要素と言われています。就職や受験の面接で、身だしなみを整えることが大切なのは第一印象を決める一番大きな要因が「外見」からの情報だからでしょう。

また、第一印象は心理学的にはハロー効果(初頭効果)と言い、一度決まった印象は覆すのが難しいとされています。第一印象を大切にしなさいとよく言われるのは、第一印象で決まったその人のイメージというのは中々変わりにくいからです。

Webサイトの第一印象は3秒で決まる!

Webサイトの第一印象は約3秒で決まると言われています。

ホームページの第一印象は3秒で決まる!

出典|JIMBO ユーザーポータル+FUN

たった3秒で、そのサイトを続けて閲覧したいか/他のサイトに移動したいかが決定してしまうのです。ほぼ視覚のみであるWebサイトの第一印象を良くする為には、人の「外見」に相当する所を整えることになります。人間なら身だしなみなどを整えますが、Webサイトの身だしなみに相当する要素にはどのようなものがあるのでしょうか?

以下の項目が整っているかをチェックして、Webサイトの身だしなみが整っているかの確認をしましょう。

①知りたい情報が探しやすい構成のサイトになっているか

どんなに訪問者にとって欲しい情報が載っていたとしても、どこにあるかが分かりにくいとサイト訪問者は見逃してしまい、サイトから離脱してしまう原因となります。重要な情報はページ上部に載せるようにしましょう。また、h1タグからh2、h3タグと上から順に重要なキーワードを入れることで、訪問者も必要な情報が探しやすくなりますしSEO対策にもなります。

1ページのボリュームが多すぎる場合はページを分けましょう。文字数は1ページあたり600~1500文字が一般的です。詰め込み過ぎると読みにくさの原因になってしまいますので気をつけましょう。文章を訪問者に読んでもらう為には、訪問者が探している情報を見つけやすくし、読みやすいページにすることが大切です。

【参考】セブンプレミアム

URL:http://7premium.jp/

商品の量は多いのにシンプルな構成だから探したい商品がすぐに見つけられます。商品の説明も多すぎないので読みやすいです。

②サイトの構造とデザインは適当か

サイトの階層は、情報を見つけやすくなっていますか?複雑すぎるサイト構造はどこにいるのかが分からなくなったり探したい情報がどこにあるのか分からない原因になります。なるだけ分かりやすいサイト構造にしましょう。また、サイトの階層が深い場合には、パン屑リストを入れてサイト内のどの位置にいるのかが分かるようにしましょう。

ボタンのデザインや位置が分かりやすいかチェックしましょう。ボタンであること・クリック出来ることが分かりにくいデザインだったり、ボタンの位置が分かりにくい・ボタンが小さすぎると他ページに飛んでもらえない原因になってしまいます。それが「ボタン」であることが訪問者に分かるデザインと配置にしましょう。

サイトの装飾の量や位置が適当か見てみましょう。過度な装飾があると本題が分かりづらい・他ページにリンクしているのか装飾なのか分からない・情報をみつけにくい原因となってしまいます。装飾が多すぎると表示速度を遅くする原因になる場合もあるので、訪問者目線に立ったスッキリとしたデザインにしましょう。

【参考】HARAJUKU KAWAII STYLE

URL:http://asbs.jp/

マガジン系のサイトは情報量が多く分かりにくくなりがちですがシンプルな構成とパン屑リストで分かりやすいです。

③Webサイトの表示されるまでの時間は遅くないか(ロード時間が長くないか)

表示されるのが遅いと、戻るボタンをクリックされて見てもらえない原因になってしまいます。SEOの順位を下げることもあるので、サイト作成側で防げる原因はできるだけ取り除きましょう。

主な原因としては、サーバーの動作が遅い・ファイルの数やファイルの容量が多いことなどが挙げられます。特に、画像の量が多かったりファイルサイズが大きいことが原因の場合はファイルサイズを圧縮してから載せましょう。各OSに対応した無料の画像圧縮ソフトも様々なものがあるので、各画像に合った圧縮ソフトで軽量化できます。

(参考)k本的に無料ソフト・フリーソフト
http://www.gigafree.net/tool/graphiccomp/

まとめ

いかがでしょうか?悪い印象の人とはあまり話したくないと思うのと同じように印象の悪いサイトはせっかくクリックしてもらえても見てもらえません。

Webサイトの訪問者が分かりやすい・使いやすいと思えるサイトにすることで良い第一印象を持ってもらえます。自社や商品のアピールポイントを十分に伝える為にも、サイトの身だしなみは大切です。ブランドイメージや商品のイメージにもなり得るので、第一印象で訪問者を惹きつけましょう。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>