ChromeでAnalyticsやAdWords、SearchConsoleだけ正常に読み込まれないときの対処法

[著]
ため息をつくくまのこーちゃん

GoogleChrome(グーグルクローム)でGoogle提供のツールだけ正常に読み込まれないという、冗談のような症状にお悩みの方に「私自身が実際に復旧できた方法」をご紹介します。

ここでいう「Google提供のツール」はGmail、Googleカレンダー、Google Analytics、Google AdWords、SearchConsoleとなります。他のツールはチェックしていないので、ご了承ください。

Googleサポートからの連絡

この記事をリリースした当日、Googleサポートから丁寧なメールをいただきました。要約すると以下になります。

  • 同様の報告が数件きている
  • Google側では問題を再現・確認できていない
  • 早急な復旧は難しい

ただし、以降の対処法で解決することもあるので、あきらめずにトライしてみてください。最後の「追記」までお見逃しなく。

Chromeの読み込みエラーが発生したパソコンと不具合

PCのスペックとChromeの概要

  • Windows10 HOME
  • Core i7-4790 3.60GHz
  • メモリ16GB
  • Chromeバージョン58.0.3029.81(当時の最新版)

不具合について

  • Chrome使用時のみ発生(IEやEdgeは無問題)
  • Gmailでたまに読み込みエラー
  • Googleカレンダーもたまに読み込みエラー
  • Google Analyticsはヘッダーのみ表示
  • Google AdWordsもヘッダーのみ表示
  • SearchConsoleは読み込みエラー

SearchConsoleのエラー画面

SearchConsoleのエラー

やっかいなのは、不具合が発生するのがGoogle提供のツールだけという点ですね。他のWebサイトやFacebook等のSNSの閲覧、操作には一切問題がないのです。

また、IEやEdgeでは問題なく開けるため、私のGoogleアカウントやGoogleのサーバー側の不具合ではなく、あくまでもChrome自体の問題という可能性が大なのです。

Chrome読み込みエラーの一般的な対処法

ググって見ると、同じような現象に悩む方々の質問・回答が飛び交っています。一般的には以下のいずれかの方法で解決するようです。

なお、タブの更新(F5キー)やPC・Chromeの再起動だけで改善する可能性もあります。

1.拡張機能の停止・削除

Chromeの右上にあるメニューから「設定」を開き、インストールされている「拡張機能」をすべて無効(有効のチェックを外す)にしてみましょう。それでもダメならゴミ箱をクリックして削除です。

これで解決したら、どの拡張機能が悪さしていたか確定するために、1つずつ復活させましょう。逆に、1つずつ無効にしていくという流れでもOKです。

拡張機能

2.キャッシュ・クッキーの削除

この作業を実施する前に、シークレットモード「Ctrl+Shift+N」で症状が再現するか確認してみましょう。シークレットモードだと症状が出ない場合は、以下を参考にキャッシュとクッキーを削除してみてください。

Chromeの右上にあるメニューから「設定」を開き、画面下の「詳細設定を表示」をクリックします。「閲覧履歴データの消去」ボタンを押して、「Cookieなどのサイトデータやプラグインデータ」と「キャッシュされた画像とファイル」を削除します。

キャッシュ・クッキーの削除

3.Chromeの再インストール

コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」でChromeをアンインストールし、別のブラウザを使ってChromeを再インストールします。

Chromeが既定のブラウザになっているとアンインストールできない場合もあるので、適宜対応してください。

プログラムのアンインストール

Chrome読み込みエラーを解決した私の方法

上記3つを実施しても改善しない方のために、私の解決策を書き記しておきます。

正直、なぜこれで解決したのかという理由、ロジックは分かりません。ただ、この方法で本当に解決しました。たった1分で誰でも簡単に試せるので、ぜひ。

1.Chromeのアイコン(本体)を画面に出す

普通はCドライブの「Program Files(x86)」→「Google」→「Chrome」→「Application」あたりに入ってます。

2.「プロパティ」を開く

Chrome(種類:アプリケーション)のアイコンを右クリック→「プロパティ」を開きます。

3.「互換性」タブを開く

「高DPI設定では画面のスケーリングを無効にする」のチェックを外します。ついでに、「互換モード」がチェックされていたら外しておきましょう。

作業はたったこれだけです。Google提供ツールの表示を確認してみてください。

高DPI設定では画面のスケーリングを無効にする

最後に

これ以外に実施したのは、Googleにエラーレポートを送信したくらいです。

一時は完全にあきらめ、Analytics、AdWords、SearchConsoleについてはEdgeで開いていたのですが、やはり使い慣れたChromeがいい!ということで粘った甲斐がありました。

お困りの方のお役に立てれば嬉しいです。

追記

この方法で対応した2日後、またもや同じ現象が発生しました。その際はGoogleアカウントをログオフ→ログインしたら、すぐに戻りました。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>