今がチャンス!YouTubeのTrueView広告を導入しよう

[著]
TrueView広告

YouTubeで使える動画広告、TrueView広告を活用していますか?TrueView広告で効果を出した事例も多く、迷っているならぜひ活用したいものです。TrueView広告の概要から出稿までの流れについて見ていきましょう。

TrueView広告の特徴とメリット

TrueView広告とは、動画共有サービスのYouTubeが提供している広告出稿サービスのこと。YouTube上の広告ということでわかるように、TrueViewはいわゆる動画広告です。YouTubeを使っていると、動画視聴前にCMのような短時間の広告が流れることがありますよね?あれが、TrueView広告です。

[You Tube]
https://www.youtube.com/

youtube

YouTubeが抱える膨大なユーザーを対象に、ターゲットを絞った的確な施策を行うことができます。商品サイトやブランドサイトへのリンクを載せることもでき、コンバージョンの面でも有利。TrueView広告は、強力な広告ツールだとご理解いただけるでしょう。さて、TrueView広告には下記4つの広告フォーマットが用意されています。順に、特徴について確認しておきましょう。

インストリーム

動画の視聴前に、短時間の動画広告が表示されることがあります。これが、インストリーム型のTrueView広告です。インストリーム型のTrueView広告は、視聴しようとしている動画のジャンルに合わせて配信されます。そのため、ユーザーの興味に合わせた的確な広告となるのです。ユーザーは、最低でも5秒間は動画広告を閲覧する必要があります。その後、動画広告をスキップするか、続きを見るか選択することが可能。このタイプでは、ユーザーが30秒以上広告を見ない限り(30秒以下の場合は最後まで)、課金されないシステムとなっています。

インサーチ

ユーザーが動画を検索した際に、検索結果上部に表示されるタイプのTrueView広告です。検索ワードを参考に動画広告が表示されるため、インストリーム広告と同様、ターゲットユーザーへリーチできる確度が高いと言えるでしょう。なお、料金が発生するのはユーザーが動画広告をクリックした(視聴した)場合のみです。

インディスプレイ

YouTubeで動画を閲覧していると、関連動画が表示されることがあります。インディスプレイ型のTrueView広告は、この関連動画の一番上に配置されます。料金が発生するのは、インサーチ型と同様、ユーザーが動画広告をクリックした場合にのみ発生します。

ディスプレイネットワーク

上の3タイプとは異なり、ディスプレイネットワーク型の動画広告です。YouTube以外のサイトに対しても、広告掲載をすることができます。動画掲載が可能な広告エリアに対して、指定した動画広告が表示されます。

TrueView広告の活用事例

TrueView広告は本当に効果のある施策なのでしょうか。企業による活用事例について、触れておきましょう。

(1)マイナビ転職

転職サービスのマイナビ転職です。動画広告にテロップを入れることで、マナーモード(ミュート)でも広告内容がわかります。それだけでなく、映画を見ているような効果も得られますね。なかなか上手い演出です。

(2)TRX

アメリカのスポーツ用品大手、TRXです。TrueView広告のターゲットや配信時間を工夫することで、CVの大幅向上につなげました。後述するターゲットの設定がいかに重要か、身にしみてわかる事例ですね。

(3)野村不動産アーバンネット

ユーザー参加型の動画広告を行った、野村不動産アーバンネット。ストーリーを募集し、入賞した作品をもとに動画広告を作成・配信しました。

TrueView広告を配信しよう

実際にTrueView広告を出稿するには、どうすればいいのでしょうか?広告が配信されるまでの手順を確認しておきましょう。

(1)動画広告を制作する

まずは、動画広告を制作しましょう。自社で制作してもいいですし、映像制作会社に依頼してもよいでしょう。インストリーム型の広告の場合は、動画の前半(特に5秒後まで)をキャッチーな内容にすることが重要なポイントです。

(2)YouTubeに動画広告をアップロードする

制作した動画広告をYouTubeにアップロードします。ここまでの手順は、通常のYouTube動画の場合と同じですね。

(3)GoogleAdwordsで広告を作成します

次に、GoogleAdwordsでTrueView広告を利用するための設定を行います。GoogleAdwordsのアカウントがない場合は、事前にアカウントを作成しておきましょう。

[Google AdWords]
https://www.google.co.jp/adwords/

Google AdWords

1.キャンペーンを作成する

キャンペーン一覧ページをひらき、「+キャンペーン」のサブメニューから「オンライン動画」を選択します。予算やターゲットなどを入力したら、「保存して次へ」をクリックします。

2.広告を作成する

キャンペーンにに、広告を作成していきます。作成したキャンペーンをクリックして、「+動画広告」を選択します。「動画の選択」をクリックし、動画広告用の動画を検索、指定します。

3.広告フォーマットを選択する

どの広告フォーマットを利用するのか、選択します。広告フォーマットとは、上でご紹介した「インストリーム」や「インサーチ」などのことです。広告の見出しや説明文、サムネイルなどの属性を入力し、保存します。

4.ターゲットグループを指定します

あともう少しです。TrueView広告の対象となる、ターゲットグループを作成しましょう。「ターゲット」タブを選択し、「+ターゲットグループ」をクリック。名称や単価、ターゲット設定を入力し、新しいターゲットグループを作成します。

5.YouTubeアカウントとAdwordsアカウントをリンクする(オプション)

必須ではないのですが、TrueView広告を活用するにはYouTubeアカウントとAdwordsアカウントをリンクしておくとよいでしょう。Call-to-actionオーバーレイ広告のオプション表示や、リマーケティングリストが自動で作成されるようになります。「すべての動画キャンペーン」から「リンク済みのYouTubeアカウント」をクリック、「+YouTubeチャンネルをリンク」でリンクさせることができます。

6.Call-to-actionオーバーレイを作成する(オプション)

動画広告の閲覧中に表示される、オーバーレイ広告です。このオーバーレイ広告をクリックすることで、ユーザーをプロモーションサイトや企業サイトに誘導することができます。「すべての動画キャンペーン」から「動画」タブを選択、「Call-to-action オーバーレイを追加」をクリックします。必要事項を入力・選択して保存します。

出稿までの手順は、以上です。TrueView広告の配信がはじまったら、YouTubeアナリティクスなどのツールを使って広告による効果をチェックしておきましょう。

[参考:YouTube アナリティクスの概要]
https://support.google.com/youtube/answer/1714323?hl=ja

まとめ

ご紹介したとおり、TrueView広告を出稿する手順は通常のYouTube動画と大差ありません。費用対効果も高く、導入までのハードルもそれほど高くはないでしょう。マーケティング施策の一貫として、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>