初心者が気をつける!人に読んでもらえる記事を書くコツ

[著]
文章を書くコツ

今、ブログやTwitter、FacebookなどのSNSが普及して文章を書く機会が増えてきています。

「趣味でブログは書いてるが、読んでもらう文章となるとどう書いていいか不安だ・・」 という方も少なくないでしょう。 そこで今回は「人に読んでもらえる文章を書くコツ」をまとめてみました。

以下のことを気をつけて書けば、初心者も人に読んでもらえる記事が書けるようになるはずです。

記事を書く際に気をつける4つのポイント

①記事に対しての読者や伝えたいことを明確にする

まず、今から書く記事に対して”誰に向けて””何を伝えたいか”をしっかり決めることです。 根本が定まってないと、書いている途中で「何を伝えたいんだっけ?」と文章の方向がぶれてしまうかもしれません。

そのような内容だと読者も何が言いたいのかわからず、せっかく読み始めたのに途中で読むのをやめてしまいます。

読者はタイトルを見て、自分に利益のあると判断し記事を読み始めます。 最後まで読者の読んでもらう為に、自分の記事の「対象者」「伝えたいこと」を事前にしっかり決めて準備しましょう。

②読みたくなる見出しをつくる

先ほどでも書きましたが、読者は自分に必要な情報だと判断し記事を読みます。 それはタイトルで判断されるでしょう。

記事を読まれる読まれないの大きなポイントはタイトル次第と言ってもよいほど大事なところです。

ぱっと見てこれを読めばどういう”得”であるかがわかるタイトルにしましょう。 用件がわかりやすいタイトルに加えて読者をドキっとさせるインパクトのあるタイトルだとなお良いです。

③最初はおもいきり自由に書く

最初から完璧な文章はかけません。 スタートから完成の文章を書こうと考えず、決めたテーマを自分の思いのままにおもいきり書きましょう。 全て書きあがった後に、最初から読み直して要らない表現を削る作業をしましょう。

一度書き上げて、削ったり直す作業を入れることが読みやすい文章を書く近道になります。

④楽しんで書く

書き続けることで文章力もあがります。 難しく考えていては書くスピードも上がらず、なかなか文章を書くのになれません。

自分の意見を文章にすることを楽しんで、どんどん書いて文章力をあげていきましょう。

まとめ:読者を明確にし、伝えたい事をまとめて楽しみながら書く

いかがでしたか? 人に提供する文章だと難しくとらえてしまいがちですが、自分の主軸をしっかり決めればそんなに難しいものではありません。

楽しく書いて経験を積めば文章力もついてきます。

読者のことを考えて、自分の意見が伝わる文章を書いていきましょう。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>