今更聞けない、経営者のためのWEBマーケティングの基礎

[著]
webマーケティングの基礎

ネットを通じた事業に取り組んでいる方なら、WEBマーケティングという言葉はご存知だと思います。

しかしながら、WEBマーケティングを理解しようとして検索してみると溢れんばかりの情報量がありますし、またとりわけ「専門家」と称する方々が書いた説明では、初めてみるようなカタカナ用語やアルファベットの集合文字が躍っています。結局、WEBマーケティングとは何なのか、わかったようなわからないようなもやもや感を抱いている方も多いのではないかと思います。

そこで、WEBマーケティングを、出来るだけ一般的なマーケティングの事例等に置き換えることでWEBマーケティングとは何か、どう理解すれば良いのか等、わかりやすく説明致します。

要は集客するということ

WEBであろうがなかろうが、ビジネスにおいてマーケティングで欠かせないのは「集客」です。何のサービスや商品を提供するにも、お客様がいないことには提供出来ませんし、事業にはならない訳です。

従って、その商品やサービスを実際に最終的に購入、もしくは利用するかどうかは別として1人でも多くの見込みとなりそうなお客様を集めることが、商品やサービスを提供する上での第一歩と言えます。

つまり、WEBマーケティングとは「お客様を集めるための戦略や戦術を、WEBという環境に特化させたもの」ということだと理解して頂ければ良い訳です。

お客様を集めるにはどのような方法がWEB上であるのか

従って、この「集客する」というファーストステップにおいて、WEBマーケティングでは具体的にどのような方法があるのかということでそれらの方法を知って頂けば、詳細なメカニズム等はともかくも、かなり体系的にWEBマーケティングの手法を掴めるようになると言えます。

では具体的にどのようなものがあるのか、箇条書きでご紹介します。

  • リスティング広告:お客様が検索した用語に関連する商品やサービスを検索エンジン等で目立つ位置に紹介すること
  • バナー広告:サイト上に表示させる看板のようなもの。クリックしやすいサイズの画像を用意してサイト等に貼り付けることで広告を行うこと
  • アフィリエイト:ブログ等で商品の紹介等を記事にして貰い、成約に至った場合に記事を書いてくれた方に報酬を支払うシステムのこと
  • SEO対策:検索エンジンがそのサイトを発見し、できるだけ上位表示しやすいようにMETAタグといったキーワードをサイトに埋め込むと言った対策を行うこと

このようなものが挙げられます。従って、リスティング広告やSEO対策といった言葉をあまり難しく考えるのではなく、それらは突き詰めて言えば、WEB上のサイトに集客するための技術もしくは手法、あるいは取り組みの一つだと理解した方がより理解しやすくなると言えます。

まとめ

IT専門家や、WEB広告の専門家は自分が得意とする分野を中心にその分野において必要な取り組みを「点」で訴求しがちなため、WEBマーケティングの全体像が掴みにくくなっていたと言えます。

要は、「お客様を集めること」であり、その具体的な戦略や戦術・手法のWEB版がWEBマーケティングであるとまずは理解してみてください。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>