WEB業界で働くならチャンジしてみたい資格・検定20選

[著]
WEB資格検定

今やWebはなくてはならないものであり、WebデザイナーなどWeb業界で働くことを希望している人は増えてきています。

今スクールに通っている人や会社で働きながら勉強している人もいると思います。働きながら勉強はハードルが高い、スクールもどこに行けばいいか迷ってしまう・・と立ち止まっている人もいるかもしれません。

そこで、今回はWeb関係の資格を紹介します。何から手をつけたらいいのか迷っているとき、資格取得からはじめてみてはいかがですか。

Web関係でおすすめの資格・検定

Microsoft Office Specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

URL:http://mos.odyssey-com.co.jp/index.html

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフト社が認定するオフィス製品(ExcelやWord・Power Point)に関する資格で、客観的にオフィス製品の利用能力を証明できます。世界共通の「合格認定書」や「デジタル認定書」により、世界に通じる国際資格です。

ドットコムマスター

URL:http://www.com-master.jp/about/

ドットコムマスター

NTTコミュニケーションズが認定するICTスキルの資格です。インターネットサービスプロバイダーだからこそ持っている知識を反映した、実践的な検定内容です。

IMA検定

URL:http://ima-kentei.jp/

IMA検定

クラウドマネージメント協会が実施する、実務オペレーションレベルを認定する資格です。従来の専門用語や知識を暗記するのではなく、検索社会で使えるテクニックを重視した実務主義の検定です。

ネットショップ検定

URL:http://acir.jp/lp/

ネットショップ検定

一般財団法人ネットショップ能力認定機構が認定する、ネットショップ実務士の資格です。Web制作、マネジメント、プロモーション、運営などネットショップの実務能力を証明できます。大手企業の推奨も多いです。

Google AdWords認定資格

URL:https://support.google.com/partners/answer/3154326?hl=ja

Googleが実施する、AdWordsについての基礎知識、キャンペーンの設定・管理など実践的な知識の習熟度を認定する資格です。専門知識があること、オンライン広告の公認プロフェッショナルであることを明示することができます。2014年10月から受験料が無料になりました。

ウェブデザイン技能検定

URL:http://www.webdesign.gr.jp

ウェブデザイン技能検定

特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が実施するウェブデザインに関する国家検定試験です。国家試験なので受験資格があり、未経験の人が受験できるのは3級です。1,2級は実務経験や協会が認めた科目が含まれた学校・訓練を卒業したものが受験できます。

Yahooプロモーションプロフェッショナル認定試験

URL:http://marketing.yahoo.co.jp/service/promo/professional/

Yahooプロモーションプロフェッショナル

Yahoo!が実施するYahoo!プロモーション広告のプロフェッショナル認定資格です。サービスに必要な知識レベルを確認できる「ベーシックコース」と運用力を確認できる「アドバンスト」コースがあります。

ネットマーケティング検定

URL:http://www.sikaku.gr.jp/nm/

ネットマーケティング検定

株式会社サーティファイが実施するネットマーケティングに関する資格です。ビジネスに活かせるマーケティング側の検定です。無料サンプル問題もHPにあるので、まず試して解いてみてはいかがでしょうか?

ウェブ解析士認定

URL:http://www.web-mining.jp/

ウェブ解析士認定

一般社団法人ウェブ解析士協会(WCWA)が認定した資格です。アクセス解析の知識のほかに事業に合わせた現状の分析や目標を達成するための計画立案、プロジェクトのファシリテーションなど現場で使える実践手法にこだわっています。

マーケティング・ビジネス実務検定

URL:http://www.marke.jp/

マーケティング・ビジネス実務検定

国際実務マーケティング協会が主催する業種・業界にとらわれないマーケティング知識の資格です。理論だけでなく、仕事で役立つ実務知識や時事情報・実務事例などが取得できます。

アドビ認定エキスパート

URL:http://www.adobe.com/jp/support/certification/ace.html

アドビ認定エキスパート

アドビシステムズが認定する世界共通の資格です。アドビソフトウェア製品に関して専門的な知識と技能を持っていることを証明できます。アドビ認定インストラクターの資格もあり取得すると独立してトレーニング事業やトレーニング機関の従業員として指導も出来ます。

PHP5技術者認定試験

URL:http://www.phpexam.jp

PHP5技術者認定試験

一般社団法人PHP技術者機構が認定する資格です。PHPの専門的技術の取得度合を確認することができます。

ITパスポート

URL:https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/

ITパスポート

独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センターが行う、ITに関する国家資格です。国家資格ですが受験資格がなく、年齢や実務経験に関係なく受験できます。ITの基礎的な知識が証明できます。

Webクリエイター能力認定試験

URL:http://www.sikaku.gr.jp/web/wc/

Webクリエイター能力認定試験

株式会社サーティファイが主催するWebサイト制作のデザイン・コーディング能力の資格です。スタンダードとエキスパートの2種類あり、学科より実技を重視した試験内容です。

Photoshopクリエイター能力試験

URL:http://techacademy.jp/magazine/1068

Photoshopクリエイター能力試験

株式会社サーティファイが主催するAdobePhotoshopにより画像の加工などの編集能力と知識の資格です。スタンダードとエキスパートの2種類あり、学科より実技を重視した試験内容です。

Illustratorクリエイター能力試験

URL:http://www.sikaku.gr.jp/ns/il/

Illustratorクリエイター能力試験

株式会社サーティファイが主催するAdobeIllustratorを使って、仕様に従いイラストを制作する能力の資格です。スタンダードとエキスパートの2種類あり、スタンダードは実技のみの試験になっています。

Webデザイン検定

URL:http://www.web-kentei.jp/webDesign

Webデザイン検定

一般社団法人日本Web協会(JWA)が実施するWebデザインの資格です。CBT(Computer Based Testing)での試験方法で、試験をすべてPCで行うのが特徴です。試験結果はその場で分かり、レーダーチャートで正答率を表示されるため得意・不得意が一目超然です。

HTML5プロフェッショナル認定

URL:http://html5exam.jp/

https://webken.jp/

特定非営利活動法人(NPO)エルピーアイジャパンが実施しているHTML5を活用したWebページなどのデザインや設計などの知識やスキルを認定する資格です。レベル1とレベル2の2種類あります。

Web検定

URL:https://webken.jp/

Web検定

株式会社電通のシニアディレクターや慶応大学の教授など多数の専門家、実務家を核としたプロジェクトが実施している資格です。社団法人全日本能率連盟登録資格としてWebリテラシー、Webデザイン、Webディレクション、Webプロデュースからなる4つの資格で構成されます。試験は、CBT方式(ComputerBasedTesting)です。

Webディレクション検定

URL:http://www.web-kentei.jp/webDirection

Webディレクション検定

一般社団法人日本Webソリューションデザイン協会(JWSDA)が実施する資格です。企画を立てられる、サイトの申込み数を増やせるWebディレクターになるためにスキルアップになります。実務を疑似体験するワークショップなど、実践に役立つ基本を身に付けられます。

あとがき

いかがでしたか。Web関係の資格は沢山ありますが、未経験の人は資格を取れたかといってすぐに就職が出来るわけではありません。資格を取ることを重視するのではなく勉強の一つとして、経験者はスキルアップとして資格を取ってみてはいかがでしょうか。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>