眺めるだけでも面白い!WayBack Machineで昔のサイトをチェック!

[著]
AH095_L

Webサイトを制作したりWebネタのライティングをしたりしていると、昔のサイトのデザインを確認したいことがちょくちょくあるのではないでしょうか?そんな時にかなり役立つのが「WayBack Machine(ウェイバック マシン)」というサイトです。このサイトを使えば、現存するサイトの以前のデザインや、すでになくなってしまったサイトのデザインを確認することができるのです。

WayBack Machineってどんなサイト?

WS000000

URL:http://archive.org/web/

WayBack Machineとは様々なWebサイトのアーカイブを保存していて、過去のデータを閲覧することができるとても便利なサイトです。1996年にブリュースター・ケールによって設立された「インターネット・アーカイブ」という非営利団体が運営しています。

Webサイトの過去の姿を時系列で見られるので、競合サイトがどのような変更を施してきたかも確認できます。色々なサイトをチェックすることで、サイト運用のヒントを得ることができます。

WayBack Machineの使い方

WS000003

枠内に調べたいサイトのURLを入力し、右側のBROWSE HISTORYというボタンをクリックします。

WS000004

アーカイブされている期間がグラフで表示されます。一番古いデータが1996年になりますので、1996年の部分をクリックします。

WS000005

1999年のカレンダーが出てきて、青い部分がデータが保存されている日になります。最初のアーカイブが11月20日なので、11月20日をクリックします。

WS000006

1996年11月20日にアーカイブされた、Yahoo! JAPANのトップページが表示されます。

誰もが知るWebサイトの初期の姿

有名なWebサイトの初期のトップページをいくつかご紹介します。

Yahoo! JAPAN(1996年11月20日時点)

ヤフージャパン

現在のトップページと比べるとかなりシンプルで、ポータルサイトの要素はおまけ程度でした。この頃はカテゴリをたどって目的のサイトを見つけるディレクトリ型の検索エンジンが主流でした。

楽天市場(1997年6月1日時点)

楽天市場

こちらもかなりシンプルで、一見なんのサイトだかわからないくらいです。当時はネット回線が遅かったのもあり、ECサイトであっても画像は必要最低限しか使用されていませんでした。

Amazon.co.jp(2001年3月9日時点)

amazon

アマゾンジャパンのトップページです。2001年なのもあって比較的現在のものに近く、違和感はそこまで感じません。この頃のアマゾンはまだ書籍しか扱っておらず、トップページにも和書と洋書のカテゴリしかありません。

ORICON(1999年10月8日時点)

オリコン

オリコンのWebサイトです。画像は少なくテキストメインの構成ではありますが、情報サイトだけあってコンテンツが豊富です。当時としてはリッチコンテンツの部類といえるでしょう。

首相官邸(1996年11月8日時点)

首相官邸

首相鑑定のWebサイトです。いかにも黎明期のサイトといった雰囲気を醸しだしています。トップページには速報ページへのリンクのみという超シンプルな構成です。

日本コカ・コーラ(1997年7月4日時点)

コカ・コーラ

コカ・コーラのWEbサイトです。トップページは自販機のみです(笑)自販機をクリックして中のページに進むことでコンテンツ一覧が表示される構成でした。

まとめ

このように、WayBack Machineを利用することで、過去のWebサイトをチェックすることができます。Web関連の職種であれば業務に活かせるのはもちろん、Webが好きな人であれば眺めているだけでも面白いと思います。是非、WayBack Machineを活用してみてください!

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>