Twitterアナリティクスを使いこなしてツイートの反応をまとめてチェックするのだ!

[著]
これ、豆な。

Googleやセールスフォース、ディズニー等による買収の噂が流れては消えるTwitter。すでに落ち目感が漂ってますが、全世界で3億2,000万人、日本でも3,500万人のユーザー数をほこるSNSであることは間違いない事実。

かくいう私も断然Twitter派。FacebookやInstagramより気楽に投稿できるのが最高!もし有料になっても月980円(税込)までは払う気概で日々つぶやいてます。

さて、今回は「Twitterアナリティクス」をご紹介。もう2年以上前に公開されたツールですが、意外に知らない人が多いようなので取り上げておきます。

川島康平のTwitterは本当にただの独り言なのでフォローしないでください

Twitterアナリティクスとは?

アナリティクスという名のとおり、ツイート(つぶやき)やオーディエンス(フォロワーやTwitter利用者の情報)のデータが見えるツール。Twitterユーザーであれば誰でも無料で利用できます。

Twitterアナリティクスの開き方

パソコンで開く

Twitterアナリティクスへのログイン

Twitterにログインし、画面右上のプロフィール写真をクリック→プルダウンメニューから「アナリティクス」をクリックすると開きます。

ちなみに、TweetDeckを使ってる方は自分のツイートをクリック→「VIEW TWEET ACTIVITY」で開くことができます。

スマホで開く

Twitterアナリティクス(スマホ)

Twitterアプリで自分のツイートをクリック→「ツイートアクティビティを表示」で簡易版Twitterアナリティクスが開きます。

各ツイートのインプレッション数(ユーザーがTwitterでツイートを見た回数)やエンゲージメント数(ユーザーがツイートに反応した回数)しか見れませんが、ちょっとしたチェックならこれで十分です。

Twitterアナリティクスの見方

ホーム画面

Twitterアナリティクス(ホーム画面)

ホーム画面を開くと、「過去28日でのパフォーマンスの変動」が目に入ります。該当期間のツイート数やインプレッション数、プロフィールへのアクセスの変動が把握できます。ん?意外にプロフィールへのアクセスが多い(1,697)ですね。ビジネス利用の場合、真面目に書いておきましょう。

また、各月のトップツイート(最も多くのインプレッションを獲得したツイート)、トップ@ツイート(最も多くのエンゲージメントを獲得した自分宛のツイート)等も分かりやすくまとめられています。ツイートをさかのぼると、いろんな記憶が蘇りますね。シミジミ。

メニュー「ツイート」

Twitterアナリティクス(トップツイート画面)

画面上部の「ツイート」をクリックすると、さらに詳細なデータを確認できます。4つのタブがありますが、タブ「トップツイート」で一覧表示すると、「どんなツイートの反応が良かったか」容易に把握できます。インプレッションやエンゲージメント率でソートできたら、もっと便利なんですけどね。

ちなみに、2016年10月は私と奥さんのやり取りが28,778インプレッション、939エンゲージメント獲得で1位でした。その他、「P-GOのハレー彗星」、「朝日新聞の社外秘資料」、「リスティング運用」といったネタの反応がよかったようです。

メニュー「オーディエンス」

Twitterアナリティクス(オーディエンス画面)

フォロワーやすべてのTwitterユーザー(アメリカのみ)、オーガニックなオーディエンス(フォロワー以外の閲覧ユーザー)の様々なデータが確認できます。

興味関心、性別、年齢、言語、国、地域、携帯電話会社、端末

ちなみに、すべてのTwitterユーザーでは以下の項目が増えます。私の感覚値ですが、精度は?マークです。

世帯収入、純資産、職業、TVジャンル、住宅価格、消費者購入スタイル、消費財の購入、クレジットカード所有者、自動車補修部品の購入者タイプ(何だこりゃ)

ペルソナも指定できる

Twitterアナリティクス(すべてのTwitterユーザー)

すべてのTwitteryユーザーでは「保護者」、「シニア」、「ベビーブーム世代」等、ざっくりしたペルソナを指定してデータを確認できます。また、上記の興味関心や性別等でターゲティングも可能。

なかなか面白そうですが、対象がアメリカ国内ユーザーだけなのでチラ見で終わりですね。残念。

メニュー「イベント」

Twitterアナリティクス(イベント画面)

今の時期ですと、クリスマスやブラックフライデー(11月第4木曜日の感謝祭)といったイベントに関するツイートのデータが確認できます。各イベント欄の「View Details」をクリックすると、性別・年齢・地域等の詳細も見れます。

ちなみに、クリスマスに関するツイートは50%が18~24歳、日本はアメリカに次ぐ2位で26%、iPhoneユーザーが31%でした。「だから何?」とは聞かないでください。

メニュー「詳細」

この中の「Twitterカード」では、指定したホームページに関するツイートの情報が確認できます。ホームページにタグを設置する必要がありますが、気になる方はトライ。

面倒な方はTwitter検索でURLを打つという選択肢もありです。

まとめ

Twitterアナリティクス使いたくなりましたか?

ビジネス用途でTwitterを活用してる会社はまだまだ多いと思います。「どんなツイートの反応がいいか?」、「狙ったユーザー層に届いてるか?」を確認するだけでも使う価値はあります

全世界のユーザー数はInstagramにあっさり追い越されましたが、日本国内だけ見ればTwitter3,500万人、Instagram1,100万人とまだ優位。どのSNSに力を入れるかの判断材料としてもTwitterアナリティクスをお試しあれ。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>