応募者数が一気にアップ!転職情報サイトに載せるべき情報とは?

[著]
tensyokucontent

「そろそろ転職でもしようかな・・・」と考えている方は、転職に関する情報を手に入れるため、多くの転職情報サイトを見ると思います。今の時代、転職は決して珍しいことではなく、1度くらいは考えたことがある人がほとんどです。では、どのような情報が、転職を考えている人に必要とされているのでしょうか?

年代は1番気になるポイント

20代前半・20代後半・30代前半など、それぞれの世代別に細かく書かれている情報はユーザー受けがとてもよいです。自分と同年代の転職状況はとても気になる部分になります。どんな点に苦労したのかなどは、年代によっても大きく違ったりしますからね。

ちなみに、男性と女性とでも、転職に関しては状況が違ってくることもあります。性別毎に特化した情報もユーザー受けがいいです。例えば、転職の際の悩み、年齢に関することなどは、男女によって違うのでオススメです。

転職後の状況

意外と見落としがちなのがこの点です。転職情報サイトでは、転職後のことについて書かれていることが少ないので、この手の項目は非常にユーザー受けがいいです。

例えば、住民税の問題や給与は前払いか後払いか。住民税は転職する期間によっては、給与からの天引きではなく、自分で払わなくてはいけない状況になります。給与も会社によって制度が違うので、下手をしたら1ヶ月間給与がないということもありえます。

転職後に起こるであろう問題は、残念ながら転職後に知ることが多いです。転職を考えている人からしたら、前もって知れるというのは非常に助かります。

番外編:求人票には要注意!

転職をする際に気をつけてチェックしてほしいものに求人票があります。求人票には多くの隠しワードがあります。残業が多いかどうか、離職率はどうかなどの情報も、求人票からわかってしまうものです。例えば、前向きな言葉が揃いすぎている会社は注意です。裏を返せば、労働時間が長いから成長できるという意味にもなります。頻繁に求人を出している会社も注意です。これは裏を返せば、人の出入りが激しいということ。残業が多いのか?はたまたブラックなのか?いずれにしても、人の出入りが激しいというのは、何か問題のある会社だと思われます。

まとめ

転職を考えている人は不安なことがいっぱいです。特に初めて転職をする人は、知らないことだらけです。細かい情報を提供するということ意識しながら、1つ1つの項目を仕上げていきましょう。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>