川島流!はじめてのイメージ広告作成5つのステップ

[著]
イメージ広告作り方

ニュースサイトやSNS等で、日々、目にするイメージ広告。広告出稿側からすると、ロゴマーク、コーポレートカラー、商品写真等、テキスト広告では表現できない多くの要素をユーザーの目に届けることができます。ジャンルを問わず高いCVR(コンバージョン率)を叩き出す、追跡型のリマーケティング広告でも大活躍!

今や、広告運用において欠かせない存在となったイメージ広告の作り方を、順を追ってご紹介します。

1.はじめに確認しておきたい5つのポイント

イメージ広告を単なる画像とあなどってはいけません。いきなりPhotoshopやFireworksを開いて作り始めるなんて、愚の骨頂です。Webサイトを作るときだって、クライアントからいろいろヒアリングしますよね?であれば、イメージ広告を作るにあたっても、最低限、以下の項目を確認してからスタートしましょう。

・何の広告か

例えば、通販サイトの場合、ショップ自体の広告なのか、特定の商品やカテゴリの広告なのか確認しましょう。もちろん、イベントやキャンペーンということもありますよね。

・コアターゲット

商材が分かれば、自ずとターゲットも決まるはず。イメージ広告のためにペルソナ設計までしなくてもいいと思いますが、認識を共有しておきましょう。

・広告媒体

GoogleAdWordsのディスプレイネットワーク、リマーケティング広告、YDN(Yahoo!ディスプレイネットワーク)、Facebook広告、Twitter広告・・・イメージ広告を配信できる媒体はいろいろありますからね。

・目的

イメージ広告クリック後に狙う、ユーザーの行動をチェック。資料請求やお問い合わせ、来店予約など、何のための広告かは重要なポイントです。純粋な認知目的というケースも稀にあります。

・リンク先URL

広告クリック後、どのページに飛ばすのか?イメージ広告とランディングページがチグハグでは、高い成果は期待できません。

2.素材と要素の下ごしらえ

広告デザインにあたって必要なものを揃えましょう。宣材写真、ロゴ等の画像データはお客様に手配。ヘッドコピー、訴求ポイント等の文言は制作側が準備するケースが多いと思います。

今、ご覧いただいているココ街の広告を作るのであれば、以下のような感じでしょうか。

【ヘッドコピー例】

  • ベタなパターン
    現場感あふれるWEB情報が集う場所
  • 人気のある記事からピックアップ
    店長さん必見!スマホユーザーの「今」を刈り取る5つのキーワード群??
  • 書き手を訴求
    川島康平書き下ろしの記事が読めるのはココだけ!!

【その他の要素】

  • 毎朝7:00に更新中
  • おかげ様で68,000いいね!突破
  • 無料メルマガ登録で裏話をチェック

3.デザイン

素材と要素の準備が終わったら、いよいよデザインです。イメージ広告には大小様々なサイズがありますが、PCやスマホでも表示回数が多く、比較的作りやすいレクタングル(大)で作ってみます。

1.まずはキャンパスに要素を置く

キャンパス

レクタングル(大)のサイズ(336×280)に設定したキャンパスに、何も考えず、とりあえず置いちゃいましょう。使うか迷ってる要素も、置いてみるとインスピレーションが湧くことがあります。

2.レイアウトを練る

レイアウト

あーだこーだイジりながら、レイアウトを練っていきます。この段階でヘッドコピー等の要素が変わったっていいんです。

3.仕上げ

仕上げ

枠線を二重にして。。。ハイライト入れて。。。吹き出し追加して。。。はい。完成です!!

素材や要素の準備も含めて、約40分かかりました。まぁ、こんなものでしょう。

なかなか満足できるイメージ広告が作れない場合、バナーのまとめサイトを参考にしてみましょう。

バナーデザイン専門ギャラリーサイト「レトロバナー」
http://retrobanner.net/

バナーデザインアーカイブ
http://banner.keizine.net/

BANNER LINKS
http://nonamedesign.info/banner/

4.一晩寝かせる

納期の問題もありますが、翌日にもう一度チェックすることをオススメします。イメージ広告制作のように100点満点のないクリエイティブな仕事は、その日の気分や体調で仕上がりが変わるものです。あえて一晩寝かせて、前日の自分の作品をチェックしてみてください。

5.書き出す

GoogleAdWordsのレクタングル(大)の場合、「ファイルサイズは150KB以下」、「336×280ピクセル」、「ファイル形式はGIF、JPG、PNG、(SWF)」という出稿にあたっての決まりがあります。媒体により仕様が異なるので、要チェックです。

・GoogleAdWords(イメージ広告の作成方法とサイズ)

https://support.google.com/adwords/answer/1722096?vid=1-635792757554325046-216242480

・YDN(画像広告)

http://promotionalads.yahoo.co.jp/online/course/ydn/display/index.html

・Facebook広告(広告主向けガイド)

https://www.facebook.com/help/337584869654348/

まとめ

「川島流!はじめてのイメージ広告作成5つのステップ」いかがでしたか?

現場では、レクタングル(大)で制作した後、他のサイズに展開する仕事があります。慣れるまでは、完成に何時間もかかってしまうかもしれませんが、クオリティとスピードを両立できるデザイナー目指して、がんばってください。数稽古、大事です。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>