無料で広告が出せる!?非営利団体はGoogle Ad Grantsを活用すべし

[著]
Google Ad Grants

Google Ad Grants(2013年9月にGoogleGrantsから変更)という広告支援プログラムがあります。

ある条件に当てはまる団体が対象となる広告無料掲載のサービスです。日本では、まだそこまで取り上げておらず、知ってはいたが検索しても詳しくはわからないという方も多いのではないでしょうか。今回このプログラムについて調べてみたので、ぜひ条件に当てはまる方は利用してみてください。

adgrants1

URL:https://www.google.co.jp/intl/ja/grants/

Google Ad Grantsとは?

Google Ad Grantsは、非営利団体や慈善団体などがAdwords広告の一部機能を無料で使えるプログラムになります。

メリットは?

  • 無料で月額$10,000分のAdWords広告の一部機能を利用することができます。
  • 一日最大$329利用できます。

デメリットは?

  • Googleへのみの配信で検索連動広告のみ、ディスプレイネットワークは設定できません。
  • テキスト広告のみの掲載になります。

注意すること

月に一度はAdwordsアカウントにログインすること。90日ごとに最低1箇所は更新するなどのアカウントの管理をする必要があります。90日以上アカウントの更新をしないでいると、通知なしでアカウントが自動的に一時停止する場合があります。

他に、通常のAdwords広告とは仕組みが異なっており、同じやり方では難しいと言われているので、できればGoogle Ad Grantsの運営実績のあるところに相談するのが失敗せずに広告を出せると思います。

慣れていないと始めるのもためらってしまうかもしれませんが広告費が無料なので、まず挑戦してみるのも一つだと思います。初期設定などを案内してくれているブログもあるので、これからアカウント取得して一から始めます!という方はブロクを参考にしてみてください。

【NPO法人専用広告 Google Ad Grantsの設定と運用】

http://outroad.net/seo-access-up/716

早速申し込んでみよう!

Googleプログラムサイトにアクセスし「プログラム参加」をクリックしてみて下さい。非営利団体向けGoogleプログラムへの参加が承認されると、Goolge Ad Grantsの各種サービスを利用できます。

Googleプログラムサイト

https://www.google.co.jp/intl/ja/nonprofits/

adgrants2

次のページに進みます。「プログラムに申し込む」をクリックすると、Google for Nonprofitsの申込みに進みます。

【申し込みの流れ】

  1. 利用資格を確認
  2. プログラム申込
  3. 承認後、特定のGoogleサービス登録
  4. サービスのチュートリアルを開始

が大まかな流れになります。スタートに利用資格が掲載されているので、確認したらGoogle for Nonprofitsを申し込むクリックします。

adgrants3

利用資格を確認したら「Google for Nonprofitsに申し込む」をクリックすると↓が出てきます。まず、テックスープジャパンの登録が必要になるので登録がまだな方は今から登録しましょう!

adgrants4

確認トークンを取得し入力、規約を確認し項目ごとに同意チェックを入れ、必要項目を埋めて進めます。

残念ながら、私は参加資格をもっていないのでこれ以上登録に進めませんでした。。。

Googleプログラムの参加が承認されると、Google Ad Grantsをはじめ様々なプログラムを同じサイトから利用できるようになります。

まとめ

いかがでしたか?一般的なNGO、NPO団体が利用できるので定期的に講演会などを行う団体さんにはぴったりのプログラムです。まだ日本ではそこまで普及していませんが、社会的貢献事業に力を貸してくれる素晴らしいプログラムですね。もっと広まって欲しいと思い記事にしました。

ぜひ今回初めて名前を聞いた方もぜひGoolge Ad Grantsを使ってみて下さい。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>