アフィリエイト導入時に覚えておきたい分かり易いIT用語集

[著]
IT用語

会社でアフィリエイトを導入することになったけれども、実はなんとなくしか理解していないという経営者やマーケティング担当者の方も多いのでないでしょうか。

これからアフィリエイトを導入して実際に運営していくにあたって、今まで聞いたこともないようなITや広告などの専門用語を頻繁に目にすることになるでしょう。

インターネットで検索すればIT用語集などは沢山ヒットしますが、用語の数が多すぎて目を通すのも嫌になってしまったり、説明が難しくてよくわからないままになってしまうこともあるかと思います。

今回は初めてアフィリエイトに触れる経営者やマーケティング担当者にむけて、最低限知っておかなければならない用語をピックアップして簡潔に説明していくことにします。

そもそもアフィリエイトとは?

アフィリエイトとは成果報酬型広告と呼ばれ、サイト運営者(アフィリエイター)のサイトに広告を掲載し、広告を掲載したサイト経由で申し込みや資料請求などの成果が発生した分のみ報酬を支払うという費用対効果の高い広告サービスのことです。

成果が発生しない限り報酬は発生せず、報酬額も広告主側で設定出来るので、リスクが非常に少なく、現在のインターネット広告市場で注目されている手法になります。

アフィリエイトを導入する前に知っておくべき用語

アフィリエイトを導入にあたってまずは知っておかなければならない用語です。

アフィリエイトを導入するにはASPと呼ばれる会社に広告主(マーチャント)として登録をする必要があります。

アフィリエイトサイト

アフィリエイトサイトとは、アフィリエイトプログラムによる商品紹介、およびそのインセンティブによる広告収入を主な目的として運営されているウェブサイトの通称です。

アフィリエイター(アフィリエイトパートナー)

サイト運営者が広告主と契約を結び、広告を掲載しているサイトの管理者を指します。

広告主

アフィリエイトプログラムを通じて、商品

サービスを販売する企業や個人のことです。

広告主(マーチャント)とアフィリエイター(宣伝者)の橋渡しを担っているのがASPです。

ASP(エーエスピー)

ASPとはアフィリエイトサービスプロバイダを略したもので、アフィリエイトプログラムの代行運営を行う広告代理店のことです。広告主とアフィリエイターとの橋渡しの役割を担っています。

成果報酬

アフィリエイトの広告を経由して商品の販売、会員登録などの目的が達成されたときに、広告主がアフィリエイターに支払う報酬のことです。インセンティブともいいます。

クリック報酬

アフィリエイトリンクがクリックされた回数に応じて支払われる報酬制度です。商品やサービスが売れなくても、クリックされるだけで報酬が発生するシステムになります。

定額報酬

広告主が定めたアフィリエイト発生1件に対しての報酬額です。資料請求1件につき、500円や会員登録1件につき1000円などがそれにあたります。

定率報酬

広告主が定めた売り上げに対しての報酬額の割合です。アフィリエイト報酬が商品代金の20%の場合、 1万円の商品が売れれば2000円の報酬額となります。

自己アフィリエイト

自分のサイトに貼り付けたアフィリエイトリンクから商品サービスを購入し、それに対しての成果報酬をもらうことを指します。OKなプラグラムとNGなプログラムがあります。

セルフバック案件

ASPのサイト上から直接商品やサービスの申し込みが出来る案件を指します。

自己アフィリエイトと違う点は、ブログやホームページを持っていなくても可能なので手軽に申し込み出来ることです。

ライフタイムコミッション

初回の成果が発生した時だけに報酬が支払われるのではなく、後に同じ訪問者が違う商品を購入した時にも、継続的に報酬が支払われる仕組みのことです。

2ティア

ASPへの登録をサイトやブログで他者に促し、そのリンクからASPに登録した人が、アフィリエイト報酬を得た場合に自分にも成果報酬が支払われるというシステムのことです。

クッキー

クッキー(Cookie)とは、サーバーがブラウザを通して僅かなデータをユーザー(閲覧者)のパソコンに保存できる機能のことです。

EC(エレクトロニック コマース)

ECサイト(イーシーサイト)ともいいます。インターネット上で商品の販売やサービスなどを行っているサイトを指します。

SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)

GoogleやYahooなどのロボット型サーチエンジンでの検索結果で、自分のサイトが上位に表示されるようにするための技術のことです。「検索エンジン最適化」と呼ばれることもあります。

SEM(サーチエンジンマーケティング)

Googleなどの検索エンジンを利用したマーケティング手法のことです。主に「リスティング広告」と呼ばれる検索結果の上位部分に表示される有料の広告を指します。

PPC(ペイパークリック)広告

インターネット広告のうち、広告のリンクがクリックされた回数に従って報酬が発生するタイプの広告のことです。

リスティング広告

サーチエンジンでの検索結果で、上位部分に表示される有料のテキスト広告のこと。グーグルアドワーズやヤフープロモーション広告などが該当します。

アフィリエイトを稼働させる際に必要な用語

アフィリエイトプログラムを実際に稼働させる際に知らなければならない用語です。

ASPに登録しただけでは自社の広告が人目に触れることはなく、アフィリエイターのサイトやブログに掲載してもらわなければなりません。

提携

アフィリエイトでいう提携とは、インターネット上でサイト運営者と広告主が業務提携することを指します。

即時提携

即時に提携できるものを指します。申し込みをしたあとすぐに広告の掲載ができます。

承認

広告主プログラム参加の申込みを行い、その審査に通ることを指します。

自動承認

広告主プログラムの申込みを受けた際に、システムで自動的に承認をするように設定してあることです。

審査あり

広告主へ参加申し込みをする際、審査が必要なことを指します。自動承認の逆のパターンになります。

HTML(エイチティーエムエル)タグ

ウェブページを作成する言語の中でつかわれる書式のことです。HTMLで「<」「>」でくくられた命令を記述することにより、文字列や画像をどのように表示するかを定義します。この命令のことをタグと呼びます。

テキストリンク(テキスト広告)

画像を使用せずに文字のみで構成されたリンク(広告)のことを指します。

バナーリンク(バナー広告)

商品の写真、または絵や文字のアニメーションなどのバナーを使用したリンク(広告)のことを指します。

アフィリエイトを稼働させる過程で必要になる用語

アフィリエイトプログラムを稼働させていく過程で知っておかなければならない用語です。

ここで登場する用語は横文字で覚えにくいいかにもITというものが多いですが、アフィリエイトプログラムを本格的に稼働させるにあたってはどれも重要な用語になります。

PV(ページビュー)

インターネット上でWebサイトや特定のWebページが読み込まれた回数を示す値のことです。Webサイトのアクセス規模を測定するための基本的な指標のひとつとして用いられています。

imp(インプレッション)

広告の露出(掲載)回数のことですサイトに訪問者が訪れ、広告が1回表示されることを1インプレッションという。1ページに2箇所掲載されていれば1PVでも2impになる。

ユニークユーザー

サイトやブログに初めて訪問したユーザーを指します。そのサイトに複数回訪問した場合も、1回としてカウントします。

コンバージョン

アフィリエイトサイトから誘導した訪問者が、広告を通じて提携サイトで会員登録を行ったり、サービスを申し込みした時にいう「成約」のことです。

客単価

ECサイトなどの利用者の1回あたりの購入金額を指します。購入金額の平均値を指して指標的に用いるケースが多いです。

CPA(コストパーアクイジョン)

広告単価の指標で、顧客獲得(acquisition)一人あたりの支払額。または、何らかの成果(action)1件あたりの支払額。

CPC(コストパークリック)

インターネット広告において1クリックごとに支払う費用(単価)を表す単位です。 CPCでは広告を通じてユーザーを広告主のWebページに誘導した成果が問われます。

CTR(クリックスルーレイト)

インターネット広告において表示された広告がどれだけクリックされたかを表す値のこと。単にクリック率と呼ばれることも多い。

CVR(コンバージョンレイト)

インターネット広告の成果を表す指標の一種で、Webサイトを訪れたユーザーのうち実際に商取引に至ったユーザーの割合を指します。

まとめ

最低限といいながらかなりの数になってしまいましたが、これだけ知っていればアフィリエイト導入時の知識としては十分だと思います。

アフィリエイトはうまく使いこなせれば非常に費用対効果の高い広告サービスではありますが、最初から収益をあげていくのは簡単なことではありません。

一通りの用語が理解出来たら、実際に手を動かしていろいろと作業していくことをおすすめします。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>