疲れ目解消が仕事の効率アップの第一歩!?

[著]
etsukare

毎日多くの方がパソコンと向き合って仕事をしていますよね。仕事以外では、スマートフォンやテレビと目を休める時間が少ないです。目がしょぼしょぼしたり、充血したり疲れを感じることがありませんか?

恐ろしいことに!目の疲れから肩こり、頭痛、吐き気を引き起こすこともあります。体に不調が出ると仕事も思ったように進まないですよね。簡単なツボやマッサージで疲れ目を解消し、万全な体調で仕事することが効率をアップさせる第一歩です!とても簡単なので、思いついたときに実践してみて下さい。

仕事中のちょっとした休憩でも簡単に出来るツボ押し

疲れ目・眼精疲労に効くツボがあります。手で押すだけなので、時間も手間もかかりません。ちょっと休憩するときにツボを押すようにしましょう。私がよく押すツボは、攅竹(さんちく)というツボです。眉頭を人差し指や親指の腹で押します。疲れているときは、押すとゴリゴリと凝り固まってるので、ほぐすとスッキリします!くま防止にもなると言われているので、女性にもオススメです!他にもツボが沢山あるので、下記を参考にいくつか実践してみましょう。

1分で疲れ目スッキリ!簡単ツボ押し・ストレッチ
http://matome.naver.jp/odai/2133764755224673201

ツボの場所が画像で表されていて、押す力具合も書かれているので分かりやすいです。

目薬をしましょう。

私は、ついつい目薬を忘れることが多くなかなか実践できてないのですが、これも簡単なのにとても効果あるそうです。ドライアイの方は、放置すると視力低下にも繋がるので、こまめに目薬をさしましょう。目もしゃきっとするので眠気対策にもなります!

目薬も種類があるので、どれがいいのか効果が違うのか分からないですよね。下記を参考にしてみて下さい。

【目薬ランキング】疲れ目に効くおすすめはコレ!【パソコン・スマホ】
http://matome.naver.jp/odai/2133699947070917601

温冷アイマスク

仕事中にはできないのですが、家で寝る前に簡単に出来ます。薬局で専用のアイマスクも販売されていますが、家にあるタオルで十分効果はあります。

  1. タオルをお湯かレンジでチンして温めます。(レンジが簡単ですが、とても熱くなるので顔にのせる前に手で温度を確認しましょう。やけどに注意!)
  2. じんわりと眼の周りを暖めることで血液循環が高まり疲れ目に効果あります。
  3. その後に、アイスパックや冷やしたタオルを乗せます。これを交互に繰り返せはかなりの効果が期待できます。温冷マスクは、各1~2分ずつの2~3回はやるようにしましょう。

※目が炎症を起こしているときは、冷マスクだけにしましょう。炎症を起こしているときに暖めると悪化してしまうこともあるので気をつけましょう。

下記のサイトも参考にしてみて下さい。

目の温冷パックで疲れ目・眼精疲労解消
http://xn--pbk059rc1a.com/hotcold.html

疲れる前に予防!パソコンから目を守る“PCメガネ”

PCメガネとはブルーライトをカットして目を守ってくれるメガネです。ブルーライトは、疲れ目の原因や体内時計を狂わせるなど、体に大きな負担を与えるといわれておりメガネを使用する人が増えております。PCメガネで有名なのは次の2つですね。

【JINS】
http://www.jins-jp.com/jins-pc/

【Zoff】
http://www.zoff.co.jp/sp/zoffpc_ultra/

デザインも沢山あるので、オシャレメガネでブルーライトをカットできます。仕事しながらも予防できるので、ぜひ取り入れてみてください。

まとめ

いかがでしたか?どれも簡単に出来るものばかりです。目をいたわることで、今まで困っていた体の不調が解消するかもしれません。だまされたと思って、ぜひこの記事を読んだ後、ツボ押しを実践してみてください。今まで困っていた体の不調が解消するかもしれませんよ。

まだそこまで目の疲れを感じていない方も、疲れを蓄積して後々症状が出てくることもあるので、ツボ押しや少し目をつぶって休めることを心がけましょう。

メルマガ登録で無料プレゼントをダウンロード


オウンドメディア「ココ街」の舞台裏や週間ランキングをメールでお届け。毎週金曜AM7:00に配信中!


ココ街メルマガ
メールアドレス


10万いいね!目指してます。

   

   

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>